TOP木村拓哉のWhat’s UP SMAP / FLOW ≫ 木村拓哉、TOKYO FMで下ネタトークを繰り広げて「こっぴどく怒られた」過去を告白「まず番組が時間移動に」

木村拓哉、TOKYO FMで下ネタトークを繰り広げて「こっぴどく怒られた」過去を告白「まず番組が時間移動に」

2018.07.28 (Sat)
2018年7月27日放送のTOKYO FM系のラジオ番組『木村拓哉のWhat's UP SMAP!』(毎週金 23:00-23:30)にて、元SMAPのメンバー・木村拓哉が、TOKYO FMで下ネタトークを繰り広げて「こっぴどく怒られた」過去を告白していた。



木村拓哉:ラジオ、他でもね、文化放送さんとかでお世話になってた。TBSラジオさんだったり。「ラジオ」っていうのは経験してたんですけど。FM局っていうのが、なんか「すげぇ、FM来ちった」みたいな感じになってて。

凄い浮かれてたんですよ。で、そんな状態で1時間番組をやるっていうことになって。「ハンパねぇ!」っていうもう。何ですかね…ディスコには行ったことあるけど、クラブに初めて来た、みたいな(笑)例えはもうよくわからないんですけど(笑)感覚的にはそういう感覚ですね。

で、もう張り切っちゃってましたよね。で、キムタツさんという方から、「こんなことやってみろ」とか、「これ、答えろ」みたいな感じのものに対して、本当にあけすけに答えていたのは覚えてますね。

まぁ、本当にこういうことをTOKYO FMでやっていいのかどうかっていう企画もやってましたからね。「ピンク先生」とか、意味分かんないことやってましたよ。

もう本当に、あのシモのシモ(笑)シモジモトークをTOKYO FMでやってました。そうしたら、やはり案の定こっぴどく怒られまして(笑)それで、始まって間もない感じで、まず移動。時間移動も時間移動(笑)

「お前、移動」みたいな(笑)まぁクビにはならなかったんですけど。相当怒られましたね。覚えてます。

関連記事


明石家さんま、木村拓哉への誕生日プレゼントに嬉しくない一工夫「『なんでこんなことを?』と言われた」

オードリー若林、二階堂ふみが下ネタと分からずに質問したというトークでタクシー運転手を「吹き出す」ほど笑わせる

博多大吉、男風呂について下ネタをついつい語ってしまって笹川友里アナに呆れられる「あさま山荘を襲う鉄球かのように…」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 木村拓哉,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  木村拓哉のWhat’s UP SMAP / FLOW
次の記事:木村拓哉、90年代のテレビ業界は「出演者や現場がキラキラしていた」と語る「テレビが作るものを皆、かじりついて見てた」

前の記事:木村拓哉、明石家さんまの「今でも支えになっている言葉」を明かす「木村拓哉の凄いところは『父親であること』」