TOPアッパレやってまーす! ≫ ドランクドラゴン鈴木拓、飲食店に取材交渉をするのはスタッフよりもタレントの方が許可を得やすいと語る

ドランクドラゴン鈴木拓、飲食店に取材交渉をするのはスタッフよりもタレントの方が許可を得やすいと語る

2018.07.24 (Tue)
2018年7月23日放送のMBSラジオのラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週月-木 22:00-23:30)にて、お笑いコンビ・ドランクドラゴンの鈴木拓が、飲食店に取材交渉をするのはスタッフよりもタレントの方が許可を得やすいと語っていた。

よゐこライヴ もしもの from A
よゐこライヴ ~もしもの from A~ [DVD]

鈴木拓:スタッフさんが交渉に行くよりも、絶対に我々が交渉した方が上手くいくんですよ。

濱口優:そうやな。

鈴木拓:知名度もありますし、人との会話、我々の方が上手くないですか?

有野晋哉:うん、上手いね。

山本彩:たしかにな。

鈴木拓:あんまりね、テレビ局の…

有野晋哉:当たりがええもんね(笑)

鈴木拓:そうです、当たりがいいんですよ、なんか。

濱口優:うん、うん。

鈴木拓:自分たちで言うのも何なんですけど。

濱口優:ふふ(笑)

鈴木拓:人を不快にさせないっていう。

濱口優:はっはっはっ(笑)たしかにね。

関連記事


加藤浩次、ホリエモンに「テレビ一本で仕事していちゃダメ」と言われ腹が立ったと告白「何が悪いんじゃい!」

爆笑問題・太田、テレビが主役であった時代は終わり既に「役割は変わっている」と指摘「YouTubeの合間にテレビ」

石橋貴明、フジテレビの凋落の原因は多くのタレントが一体となれる「お祭り」という強みを失ったことだと指摘


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 鈴木拓,ドランクドラゴン,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アッパレやってまーす!
次の記事:よゐこ有野、パックマンはインベーダーゲームで男性ばかりとなったゲームセンターに女性を呼び戻す目的で「女性向けに開発された」と語る

前の記事:よゐこ濱口、飛び込みでロケの取材交渉をする時に交渉中にも関わらず入ってくるカメラに怒り「分かってない人、飛び込んでくる」