TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、東京五輪の熱中症が騒がれる中で東スポは24時間テレビ出演のみやぞんを心配することに「目の付け所が違うな」

伊集院光、東京五輪の熱中症が騒がれる中で東スポは24時間テレビ出演のみやぞんを心配することに「目の付け所が違うな」

2018.07.24 (Tue)
2018年7月23日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、東京オリンピックの熱中症が騒がれる中で東スポは24時間テレビ出演のみやぞんを心配することに、「目の付け所が違うな」などと語っていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:今週…さっき思ったのは、東スポ。東京スポーツって、目の付け所が違うなって思ったのは、世の中、凄い猛暑、酷暑でさ。

2020年のオリンピックに、アスリート死んじゃうんじゃねぇか、みたいな。「いいのか?それで」みたいなこと言ってるじゃないですか。

わりとアメリカがオリンピックの放映権みたいのを高い金で買ってるから、アメリカの都合でスケジュールを決めるし、日付を秋にずらす、みたいのもなかなかできないみたいのやってる中で、東スポは「みやぞん死んじゃう」っていう(笑)

そんなオリンピックまで先のことじゃないよ、と。24時間テレビのトライアスロンで、みやぞん死んじゃうんじゃねぇかっていうのが一面で。

あ、そうか。そうだよな、2020年とか行かないでも、もう近々にトライアスロンやるんだもんね。凄いやと思って。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,みやぞん,24時間テレビ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力
次の記事:伊集院光、高校野球を熱中症の危険性のある中でやらせていいのかという指摘に「もはや伝統って言ってらんない」

前の記事:カンニング竹山、夏を満喫していると嘘ツイートを投稿し続けてさまぁ~ず三村も騙されていたと明かす「今日、沖縄行ってたのか?」