TOPおぎやはぎのメガネびいき ≫ おぎやはぎ矢作、新幹線の座席で後ろの乗客が自分の肘掛けのところに足を出してきたことに驚愕「正気か?」

おぎやはぎ矢作、新幹線の座席で後ろの乗客が自分の肘掛けのところに足を出してきたことに驚愕「正気か?」

2018.07.21 (Sat)
2018年7月19日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・おぎやはぎの矢作兼が、新幹線の座席で後ろの乗客が自分の肘掛けのところに足を出してきたことに驚愕したと語っていた。

JUNK おぎやはぎのメガネびいきオフィシャルブック『めがね』
TBSラジオ『JUNK おぎやはぎのメガネびいき』オフィシャルブック『めがね』 (タツミムック)

矢作兼:新幹線の座席問題って、結構ケンカになるのか。

小木博明:なるんじゃないの?

矢作兼:なるか。

小木博明:いるからね。

矢作兼:俺だってあれだよ。後ろに座ってた人が…窓際だったんだけど、俺の肘掛けと窓のところに、足出てきた時あったからね。

小木博明:ふふ(笑)

放送作家・鈴木工務店:はっはっはっ(笑)

矢作兼:で、臭ぇの足が。

小木博明:それはちょっとね…

矢作兼:これだけは、「おい、マジかよ」って思って。ちょっと信じられなくて、「正気か?」と。

放送作家・鈴木工務店:ウソでしょっていうね。

矢作兼:本当だよ。「ウソでしょ?」って本当に思って。

小木博明:思うよな、それは「ウソでしょ」って言った方がいいよ。

矢作兼:だって、いる?そんな人。

小木博明:ウソでしょ、だよ。

矢作兼:出てきたんだよ、俺の肘の横くらいに。俺はもう、怖すぎて言えなかったけど。

小木博明:まぁ、怖いよ。そんな神経の奴に言ったら、危ないよね。

矢作兼:危ないよね。

小木博明:そういうのは言っちゃいけないから。

矢作兼:もう普通じゃないから。

小木博明:そう、そう。

矢作兼:でも、怖いようないかにもな人でもないの。じゃないから、怖かったんだけどね。

小木博明:そうだよ。危ないよね、本当にそういうのは。

矢作兼:あれは、人によってはヤバイだろうな。

小木博明:あんまり注意しない方がいいんだろうな、怖いから。

矢作兼:本当だな。

関連記事


博多大吉、隣に座ったマナーの悪い新幹線の乗客にイライラ「なんや?このオッサン」

南キャン山里、映画館でのマナーの悪い人々に激怒「悪びれず遅れてくるカップル」

有吉弘行、花見やキャンプでマナー違反を注意されて逆ギレする人々に苦言「バカじゃないの」

有吉弘行、サウナの脱衣所で裸のまま直接イスに座る人のマナーに疑問「ちょっとイヤだな」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : おぎやはぎ,,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき
次の記事:おぎやはぎ矢作、新幹線のリクライニング問題は「無言でちょっとずつ、ちょっとだけ倒す」が正解ではと語る

前の記事:おぎやはぎ小木、小嶋陽菜の手で握ったおにぎりも食べられないと発言「こじはるって結構、手汚ぇんだよな」