TOPおぎやはぎのメガネびいき ≫ おぎやはぎ、女子高生のリュックのチャックが開いているとオジさんが指摘して「キモい、死ね」と思われる可能性があることにショック

おぎやはぎ、女子高生のリュックのチャックが開いているとオジさんが指摘して「キモい、死ね」と思われる可能性があることにショック

2018.07.14 (Sat)
2018年7月12日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・おぎやはぎが、女子高生のリュックのチャックが開いているのをオジさんが教えてあげると、「キモい、死ね」と思われる可能性があることにショックを受けていた。

JUNK おぎやはぎのメガネびいきオフィシャルブック『めがね』
TBSラジオ『JUNK おぎやはぎのメガネびいき』オフィシャルブック『めがね』 (タツミムック)

リスナーメール:今、明日に備えて寝ていた姉に、「知らないおじさんに『カバンのチャック空いてるよ』って話しかけられたら、どう思う?」と聞いてみたら、「キモい、死ね」と言われてしまいました。

おぎやはぎ矢作、女子高生のリュックのチャックが開いているのを教えてあげるべきか迷う「気持ち悪いじゃん」

今のご時世、知らないオジさんに「チャック全開だよ」なんて話しかけられるのは、めちゃくちゃ気持ち悪いと思います。

矢作兼:ああ、危ねぇ(笑)

小木博明:危ないね。そうか、「キモい、死ね」か。そんななんのか。

矢作兼:やっぱ、こっちは善意でやってるけど、本当にありがた迷惑だ。「キモい、死ね」だぜ。

小木博明:やっぱ、声かけるってそういうことなんだよな。

矢作兼:よかったよ(笑)

リスナーメール:リュックのチャックを、わざと開けているということは、恐らくないと思いますが、僕には教えてあげる勇気はないです。

「うわぁ、開いてんなぁ」と思いながら、見つめることしか出来ません。

矢作兼:まぁ、これが大多数?

小木博明:うん、そうだよ。俺もそうだし。

矢作兼:ああ。

小木博明:見つめるだけ。

矢作兼:そうだよなぁ。

リスナーメール:僕は女子高生ではないですが、「チャック開いてるよ」と言われたら嬉しいです。開け放しは恥ずかしいし、その場で気づかせてくれるのはありがたいです。

矢作兼:お前、女子高生じゃないから(笑)

小木博明:お前の意見聞いてもしょうがねぇんだよ(笑)

矢作兼:「僕は嬉しいです」って(笑)

小木博明:いいんだよ、お前の話は(笑)お前に聞いてねぇんだから。書いてくんな、お前は(笑)

矢作兼:「僕は嬉しいです」って(笑)…やっぱ男の子は嬉しいんだよね。俺は男だから思っちゃうんだよね。俺だったら嬉しいから言うんだよ。「あ、気づかなかった、すみません」って。

小木博明:うん。男と女、違うんだよ。

リスナーメール:僕は女子高生ではなく、26歳の会社員ですが、やはりカバン開いたままですとスリとか怖いですし、教えてもらった方がありがたいです。

矢作兼:だから(笑)お前は女子高生じゃないんだから(笑)

小木博明:ふふ(笑)そんな奴の意見、聞きたくないよ(笑)

矢作兼:女子高生、聞いてねぇかなぁ(笑)

小木博明:そう言えば、女子高生がまずこのラジオ聞いてねぇからな。最初のメールの子だって、お姉ちゃんに聞いてるわけだからね、ラジオ聞いてないお姉ちゃんに。

矢作兼:そう、そう。開いてるのを教えてあげたら「キモい、死ね」って言われるわけじゃん。それをやっちゃおうと思ってる人間じゃん、俺。

小木博明:そう。

矢作兼:そんな奴のラジオ聞かないよね(笑)キモいよ、だって。共感できないもん。

小木博明:聞いてる女性が30代だとして、30代だと結構言われて嬉しい人が多いでしょ。

矢作兼:ああ、そうかもなぁ。

小木博明:変わるよね、ちょっと大人になってくるとね、女の人もね。

矢作兼:なんかね。

小木博明:10代とは違うんだよ。

関連記事


タモリ、井上陽水の独り言のようなメールに困惑するも理由を聞いて納得「誘うってことは、強制力を感じる」

岡村隆史、渡辺直美に『荒野行動』を教えてもらい「どっぷりハマって」いると告白「着陸すぐ即死」

オードリー若林、「テレビ」というものを教えてくれた『ぐるナイ』への思い「初めてがあの番組で良かった」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : おぎやはぎ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき
次の記事:ナイツ塙、後輩芸人のコンビ名で「日大タックルズ」などと提案していた際の意外な結末「ユージュアル・サスペクツみたい」

前の記事:おぎやはぎ矢作、女子高生のリュックのチャックが開いているのを教えてあげるべきか迷う「気持ち悪いじゃん」