TOP爆笑問題カーボーイ ≫ 爆笑問題・太田、桂歌丸と同様に肺気腫で闘病していた母親の最期を語る「酸素飽和度が70くらいしかない」

爆笑問題・太田、桂歌丸と同様に肺気腫で闘病していた母親の最期を語る「酸素飽和度が70くらいしかない」

2018.07.04 (Wed)
2018年7月3日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、桂歌丸と同様に肺気腫で闘病していた母親の最期を語っていた。

JUNK 爆笑問題カーボーイ
JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]

田中裕二:歌丸師匠がね、亡くなっちゃいましたね。

太田光:今か今かっていうね。

田中裕二:ずっと闘病してたからね。

太田光:鼻、酸素してたでしょ。アレはね…ウチのお袋は最期、アレしてたからね。

田中裕二:まぁね。

太田光:落語、喋ってたでしょ。あれ、医者にしちゃビックリだと思うけど、ウチのお袋もそうなのよ。

田中裕二:うん。

太田光:酸素濃度(酸素飽和度)が70とかなんだよ、普段。

田中裕二:それ、相当低いんだよね。

太田光:うん。で、90から100ないとダメで。ウチのお袋はもう死ぬ間際に…ウチおお袋ってほら、病院に行ったことない人だから、酸素濃度なんて測ったことない。肺気腫だったんだけど。

田中裕二:うん。

太田光:70くらいしかないって、慌てて管やって、「全然苦しくない」っていうんだよ、本人は。

田中裕二:うん。

太田光:医者がさ、みんなビックリしちゃってさ。「こんなの普通の人だったら、クラクラして倒れて、立ってらんないくらいですよ」って言ってんだけど。ウチのお袋はさ、「また大げさな」なんつってんだよ(笑)

田中裕二:ねぇ、凄いね。

太田光:「指の先にはめて測る機械、買ってください」って。で、俺、Amazonで買って。自分もやってみたら、俺は100とかあるんだけど、ウチのお袋は70とか80とかなんだよ、つねに。

田中裕二:うん。

太田光:でも、(酸素吸入器)こんなの要らねぇっつんだよ。

田中裕二:鼻にね。

太田光:その鼻にやるの。でも、そういうのっていうのはなんでだって、医者とも話してたんだけど、ウチのお袋もずーっとママさんコーラスとか、ああいうの…ヘビースモーカーなんだよ。

田中裕二:うん。

太田光:ママさんコーラスとか…若い頃から演劇とかやってたから、そういう声の出し方、慣れちゃってんだよね。

田中裕二:ああ、そっか、そっか。

太田光:だから、肺気腫とかなってても、苦しくないんだよ。厄介だったよ。

田中裕二:敗が強いのか弱いのか分からないね。

太田光:分からないけど、発声はできちゃうわけ。それで鼻にチューブやってんだけど、最後老人ホームで発表会行って、歌ったりしてんだもん。それで平気なんだもん。

田中裕二:歌丸師匠もね。

太田光:歌丸師匠なんて、もっと若い頃からずっと声を出して。だから、ああいう人っていうのは、声の出し方って知ってるんだね。

田中裕二:歌丸師匠も、落語終わると、やっぱり…

太田光:でも、ああいう舞台っていうのは、ウチのお袋も「舞台、行く」って言い張ってさ。で、その日、熱が出て。熱が出たっていうんで、やめときましょうってホームの人が言って。悔しくて悔しくて、見送りにも出ねぇってさ。

田中裕二:見送りゃいいのに(笑)

太田光:見送りゃいいのにさ。でさ、自分で怒っちゃってさ。やっちゃいけないっていうのに、タンスの整理し始めて、それで尻もちついてさ、そんまま死んじゃったんだよ。バカだろ。

田中裕二:いやいや、バカとは言えないよ、俺は(笑)


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ
次の記事:爆笑問題・太田、桂歌丸の訃報で三遊亭小圓遊との絶妙な掛け合いを思い出す「小圓遊さん亡くなった時、歌丸さんが寂しそうで」

前の記事:伊集院光、桂歌丸師匠が高座に上がった時は体調不良を全く感じさせない姿に「肝に銘じたいと思って」