TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、『クローズアップ現代』のドカベン特集回に直前で出演を取りやめた理由明かす「聞いてた話と全然違ってる」

伊集院光、『クローズアップ現代』のドカベン特集回に直前で出演を取りやめた理由明かす「聞いてた話と全然違ってる」

2018.07.03 (Tue)
2018年7月2日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、NHKの番組『クローズアップ現代』のドカベン特集回に、直前で出演を取りやめた理由を明かしていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:『クローズアップ現代』っていう番組に…あんじゃないですか、『クローズアップ現代』、ドキュメンタリーでさ、世の中を斬るみたいな番組、あるじゃないですか。

あの番組に、急に依頼が来て。で、「ドカベンの特集をやりたい」と。あれ、30分番組で、30分間丸々、最終回になったドカベンの番組をやりたい、と。で、たまたまこのラジオで、俺は自他共に…珍しく「自」も認める、芸能界、多分随一のドカベンマニアだ、みたいなことを、このラジオか、朝のラジオでちょっと言って、それを聞いてたんだと思うんだけど。

コメンテーターっていうか、「ゲストで来てくれ」って。「生放送のドカベンについて語る、ゲストで来てくれ」って言われて。「言っとくもんだな」なんつって。で、大好きなジャンル、水島新司の漫画、大好きだから。大好きなジャンルのことだから、「わかりました」っていうのと。

あと、皆さんお気づきじゃないかも知れませんけど、僕、基本的に真面目なんですよ。基本的に…それは、家でね、棚を巴投げにしたりしてます(笑)プライベートはそういうところありますけど。

伊集院光、元アメフト有名選手・有馬隼人アナ直伝「効果的なスクワット」の方法を語る「チェックポイントがいっぱい」

基本的に真面目で、ましては自分の好きなジャンルで、さらに言うと自分の好きなジャンルの上に、自分より好きな人がいるかもしれない。漫画とか、特にそうじゃんっていうジャンルに関しては、わりと慎重で。

依頼を受けてから、毎日、ちょっとドカベンを倉庫から持ってきて、読み直したりしながら。「ドカベンの名場面集あったら、いくつかあげてください」みたいのも、薄気味悪いぐらい、「そんなに聞いてねぇよ、30分番組で、お前の好き嫌いについてみたいな」ぐらい、「あのシーンのこれ」みたいのをすげぇ書いて、備えてたら、前の週になって、「さて、次回のクローズアップ現代ですが…」みたいな番組宣伝あんじゃん。

見てたら、スポーツ漫画特集。「ドカベン、スラムダンク、キャプテン翼について伊集院光と土田晃之が語る」みたいな番組になってるのね。

で、事務所に「俺、聞いたのと全然違ってるけど」って、俺が聞いたやつと違ってて、キャプテン翼とスラムダンクに関して…まぁ、これも難しいところで、全く知らないわけじゃないよ。

漫画全般が好きだから、まったく知らないわけじゃないよ。スラムダンクがハンドボールだよね(笑)で、キャプテン翼が蹴鞠だよね(笑)その漫画だということぐらいは知ってますよ、僕だって(笑)

知ってますけど、やっぱりちゃんとさらっていかないと。俺の考え方、さらっていかないと、それより好きな人がいる時に申し上げがないっていうね。それより好きな人も見ているだろうから、そこが今からでは間に合わないということになり、なんだかんだで、結局、直前で番宣もやったけど出ないっていう。

さすがに俺、聞いてたのと違うし、そうなっちゃうと、もうスラムダンクなんて雲を掴む話で。なんとなく、ドリブルの音がいっぱい「ダム、ダム、ダム、ダム」っていっぱい書いてある漫画だと思います。

それ以外の登場人物のことは、あんまわかんないですから、出なかったんだけど。ちょっと悪いことしたなと思ったのは、そのせいで、始まると土田君が…元々、出る予定だったんだよ。俺は知らなかったんだけど、途中の段階ではちゃんとそのキャプテン翼担当で、土田君は出ることになってたらしいんだけど。

土田君からしてみたら、俺が急にいなくなってるから、「え?頭から?」みたいな(笑)ドカベンコーナーもコメントできる人…山本昌さんがいたんだけど、「俺もコメント求められちゃうの?」みたいな位置にいて。

ちょっと申し訳ねぇことしたな、と思いながらも。

関連記事


土田晃之、『クローズアップ現代』のドカベン特集に呼ばれ「最終回、読んでないです」と発言して「スタジオがシーンと」

有吉弘行、『ドカベン』ドリームトーナメント編を読むのは大変な理由「結構、忘れてる選手が多いのよ」

伊集院光が語る「漫画『あぶさん』突然終了の謎」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,クローズアップ現代,ドカベン,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力
次の記事:伊集院光、『ドカベン』を小学生当時は「リアルなスポーツ漫画」と思いつつ読んでいたが「今見てみると、荒唐無稽」

前の記事:伊集院光、桂歌丸師匠に初めて会った時に今の自分より年下だったことに驚く「既におじいちゃんキャラだった」