TOPオードリーのANN ≫ オードリー・若林が語る「占い師の裏事情」

オードリー・若林が語る「占い師の裏事情」

2012.12.24 (Mon)
2012年12月22日放送の「オードリーのオールナイトニッポン(ANN)」にて、占い師の裏事情について語られていた。
なぜ、占い師は信用されるのか? 「コールドリーディング」のすべて
若林「僕、占いをあんまり信じなくて」

春日「うん」

若林「『占いのランキング、2013年の運勢何位!』みたいなのを出されると、いつもリアクションが非常に難しいんですよ」

春日「ふふふ(笑)」

若林「下の方だったら、嘆くようなリアクションをし、上の方だったらヤッタァ、っていうのをやるんだろ、みたいな感じでやってるんですけど」

春日「うん」

若林「何で腹が立つんだろうって思ったら、どんな運勢だろうが、やることは一緒じゃないですか。できる限りのことをやっていかなければいけない、っていうことなんですよ。どっちみちね」

春日「うん」

若林「だから、そういうところもあって。それは置いておいて…元占い師の人にインタビューをするっていう、『ショナイの話』っていう番組が収録あって」

春日「へぇ」

若林「占い師を辞めた人に話を聞いてきたんですよ」

春日「どんな話を聞いてきたの?」

若林「『本当に占えているのか?』とか」

春日「あぁ。裏側というか」

若林「そう」

春日「それはちょっと面白いですな」

若林「そうそう。たとえば、予約制の個室を持っているような開業している人って、『ここまで訊いても、占い上、必要なんだな』って向こうが思ってくれるラインと、それ以上訊くと、『そこはお前が当てなきゃいけないんじゃないの?』ってラインがあるんだって」

春日「へぇ」

若林「年齢は訊いても大丈夫でしょ。もちろん、性別も分かる。それで職業までは訊いても大丈夫なんですって」

春日「うん」

若林「職業を訊いたら、予約制のところって、予約してから当日まで時間があるじゃない?だから、『出版業です』って言ったら、出版業のことをめちゃくちゃインターネットで調べるんだって(笑)」

春日「ふふふ(笑)へぇ」

若林「だから、各業界のことをメチャクチャ詳しいんだって。占い師の人って」

春日「へぇ」

若林「占いの悩みって、『家族、恋愛、仕事』のほぼ3つなんだって」

春日「あぁ、たしかにそんなイメージだね」

若林「うん。だいたい決まってるんだって。奇想天外な悩みなんって、ほとんど無いんだって。だから、出版業だったら『だいたいこういう悩み』って分かるんだって。今、不景気でとか。『こうですよね?』って言って当たっていくっていうようなことがあるんですって」

春日「あぁ、なるほどね。それは凄いね」

若林「テレビだったら、そこまでオンエアできないってことを、今日は喋ろうかなって思ってるんだけど」

春日「おい、大丈夫なのか?(笑)」

若林「その人は大丈夫っていうのよ」

春日「あぁ」

若林「それで、ラッキーアイテムとかの話なんだけど、各雑誌に占い師っているでしょ?それでラッキーアイテムとか掲載してるでしょ?」

春日「ある。マフラー、手袋、とか」

若林「あれって、最初は一生懸命に考えるんだって。タロットとかで。でも、考えてて、毎週とかやってると、ラッキーアイテムって考え始めて色々書いてても、水瓶座くらいで尽きてくるんだって」

春日「ふふ(笑)あぁ、水瓶座も終わりの方だからね」

若林「物が尽きてくる、頭の中で。だから、もう目についた物を書くようになるんだって(笑)」

春日「ふふ(笑)」

若林「ここだったら、『ペットボトル』『赤ペン』とか(笑)」

春日「あぁ、なるほどね」

若林「それで、一回、怒られるか試したくなって、1年前のすべての星座のラッキーアイテムと、全く同じ物を書いてみたんだって。バレて怒られるかなって(笑)」

春日「なるほど」

若林「『そしたらね、バレなかってですね』って言ってたね(笑)」

春日「はっはっはっ(笑)」

さらに、以下のように語っていた。

若林「よく街で占い師っていて、『客が全然いないのにどうやって稼いでるのかな』って思ったことない?」

春日「いるよね。一晩中ああやっていて」

若林「あれって、占いの料金だけで稼いでいると思いきや、違うんだって。占い師になる人っていうのは、だいたい占いオタクから始まるんだって」

春日「あぁ、自分が」

若林「『その水晶、なんですか?』『そのタロットなんですか?』って訊いてくる客がいたら、『カモだな』って思うんだって」

春日「あぁ」

若林「それで、『興味ありますか?…占い師向いてるんじゃないですか?』って言って、弟子にとるんだって」

春日「へぇ」

若林「テキスト代と授業料で稼いでるんだって」

春日「へぇ~知らなんだぁ」

若林「実際に占うってお金と、弟子を抱えてお金を儲けてるんだって。そうやって、占いオタクからその世界に入っちゃうんだって」

春日「はぁ~なるほどね」

若林「それで、当たるっていうと、占い好きな人だから、『当たりました』って言って来るんだって。それで『実際に"視えて"るんですか?』って訊いたら、『それは凄く難しい話で、"また当たりました。先生の言う通りでした"っていうのがあると、それが自分に視えてるような錯覚に陥るんです。私は視えてるって天狗になって言うから、ズバっと言うようになってくる』んだって」

春日「あぁ」

若林「それで、『ズバって言うようになる。"○○かもしれません"でなく、逃げ場なく"〇〇になる!"って言うと、メディアに引っ張りだこになるんだって。ハッキリ言うから』」

春日「はぁ~なるほど」

若林「そうするとテレビで売れ始めるんだって。それで、ズバって言って売れてるから、『当たってねぇじゃねぇか』っていうのが、二年後くらいにくるんだって」

春日「ふふ(笑)」

若林「『だから、占い師の人でブームになる人は、二年くらいで消えるでしょ?』って言ってて」

春日「あぁ」

若林「あれはハッキリ言っちゃうからなんだって」

春日「なるほどね。それ覚悟でいくのかな。『二年だ』って腹をくくってたら強いね」

若林「強いんだって」

春日「バンバン言って、バンバン稼いで」

若林「そうそう。それで、『むちゃくちゃ悪い占い師って、どんな人がいるんですか?』って訊いたら、『男の人で、女性なんかが来ると、"もっとチャクラを注入しないとマズイな"って言って、"チャクラを注入します"と言いながらズボンを脱ぎ始めるんです』だって(笑)」

春日「おいおいコントじゃないか(笑)」

若林「実際、悪い占い師だったら聞いたこともあるって話ですよ」

春日「誰とかじゃなく噂でね」

若林「向こうも『チャクラを注入されるならって』ことで(笑)」

春日「そんなベタな話、スケベなビデオの設定の話じゃないか(笑)『お願いします、先生~』なんつって」

若林「うん。『チャクラを注入しないとな』って言って」

春日「それでも傾倒してたら、信じこんじゃうって話なんだ」

若林「もう宗教みたいな話になっちゃうから。それで、『なんで占いを好きな人は、そんな占いを信じるんですか?』って訊いたら、もう自分でも薄々分かってるんだって。『占いなんか気にせず、自分で頑張るって人に対して、元々、劣等感がある。占いがその人のアイデンティティになってるんです。だから、"なんで占いなんか信じるんだ"なんって言ったら、若林さん、キレられますよ』って言われて」

春日「ふふ(笑)」

若林「『そういう人たちにとって占いは必要だから。信じてる人たちは、その占いを信じることで頑張れたりするから、それは言っちゃダメよ』って」

春日「まぁ、それがエネルギーになれば良いことですからね」

若林「そう。その人、10年くらい占い師をやってるとかって言ってて。それどんな話なんだよって思ったんだけど」

春日「うん」

若林「何千人って占っていくうちに、自分の地道な力ではなく、何かの力によって成功を得ようってヤツが多いんだって」

春日「ふふ(笑)」

若林「タロット切りつつ、『バイトの店長に告白しようと思ってるんですよ』って言ってくる人に、『知らねぇよ』って思いながらタロット切ってたんだって(笑)後半になると」

春日「はっはっはっ(笑)」

若林「『(告白)するならしろよ』って思いながら」

春日「して、どうだろうかね」

若林「『お前が決めることだろうが』って思いながら、タロットカード切ってたんだって(笑)それで、後半、もうタロットカード切らないで『あんたね、気合入れなさいよ』みたいなね(笑)そんな感じになって、もう自分次第なんだってことに気づいたら、それで何万円も貰うのは申し訳なくなり、辞めて今は違う仕事してるんだって」

春日「ふぅん」

若林「それで俺、色々聞いたらさ、全然占い信じられなくなるじゃん」

春日「うん、まぁそうね」

若林「元々、信じない上に、『ビジネスなんだな』って思っちゃって。全く信じないし、一応、仕事であったらリアクションはとるけど、もう『こいつもこういうヤツなんだな』って占い師のことを見たりしてたんだけど」

春日「うん」

若林「だけど、魚ちゃんがスクール革命!に来て、関根麻里ちゃんに『あなた、今、付き合ってる人と結婚した方が良いよ』みたいなことを言って、『付き合ってる人いるの?いないの?』ってザワザワってなったときあったでしょ?」

春日「うん」

若林「それで新聞に出たでしょ?」

春日「うん、出た」

若林「それで、内村さんとトイレで会ったのよ。それで『魚ちゃんの占い、当たったなぁ』って内村さんが言ってたんで、俺は占い信じてないけど、そこは『占いってなんか…当たるんですね』って言って(笑)」

【関連記事】
おぎやはぎ・矢作「木村藤子の霊視に対する疑問」

バナナマン・設楽「島田秀平のお笑い芸人としての評価」

南キャン・山里「占い番組でカットになった部分」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : オードリー,若林正恭,占い,魚ちゃん,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN
次の記事:伊集院光「田中みな実の性格の悪さを暴露した青木裕子」

前の記事:おぎやはぎ・小木「妻・奈歩の精神状態が危うい」

本日の注目記事