TOP伊集院光とらじおと ≫ 是枝裕和、映画撮影で予定調和が崩れた時にこそ「初めてワクワクする」と語る「自分が、出自がテレビなので」

是枝裕和、映画撮影で予定調和が崩れた時にこそ「初めてワクワクする」と語る「自分が、出自がテレビなので」

2018.06.07 (Thu)
2018年6月6日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、映画監督・是枝裕和が、映画撮影で予定調和が崩れた時にこそ「初めてワクワクする」と語っていた。



伊集院光:予定通りになったところで、別段100点なだけだけど、150点になったりとか。

是枝裕和:そうですね。僕の頭の中にあるものが、そのまま画になったとしても、全然面白くはないんですよね。そうすると、「もう1回」って言っちゃうんですよ、やっぱりね。

伊集院光:うん、うん。

是枝裕和:その時に、役者がどう動いていくかっていうことなんですけど。それを、自分の予定調和が壊れた時に、初めてちょっとワクワクしてくるっていうところがあって。

伊集院光:ああ。

是枝裕和:それは、おそらく僕は…自分が、出自がテレビなので(番組制作会社テレビマンユニオンに入社)。バラエティはそんなにやってないんですけども。

伊集院光:うん。

是枝裕和:テレビ番組をやってる時の感覚で、「どういう瞬間にワクワクするか」っていうのが、多分、ずっと残ってるんですね。映画をやりながらも。

伊集院光:レベル違うけど、ちょっと分かります。僕、緻密に組んでスケジュールの旅行が一旦、ダメになりかける時が好きなんです。

是枝裕和:ふふ(笑)

伊集院光:それを力技で戻してる時が好きなんです。「ここでバス、遅れる?」ってなった時に、なにか迂回ルートを見つけたりして、上手くいったりする時が凄い楽しいんですけど。

是枝裕和:はい。

伊集院光:基本は上手くいって欲しいじゃないですか。

是枝裕和:そうですね。でも、今回…あ、これどうしようかな。

伊集院光:僕はネタバレしてないですからね(笑)

是枝裕和:ふふ(笑)今回、先行して夏のシーンを撮ってるんですけど。

伊集院光:はい。

是枝裕和:メインは冬に撮ってるんですけど。

伊集院光:はい。

是枝裕和:夏の凄い天気の良い、日差しの中でセミが鳴いててとか、子供の歩きだけ撮ろうかなって思って撮ってたら、夕方に突然、雷雨になっちゃって。土砂降りの雨になったんです。

伊集院光:うん。

是枝裕和:「撮影、これでもうやめちゃおうっかなってタイミングで、とりあえず走っとこうか」っつって。どういうシーンだかわかんないですけど、雨の中を走るところだけ撮ったんです。

伊集院光:それは凄い。

是枝裕和:前後、関係なく。それがとてもよかったので。雨が降って…っていうシーンを作って。雨の中戻ってきた子供2人が、家の中に飛び込むと……みたいなシーンは、そこを撮ってから考えてるんですけど。そういう修正を、脚本を現実の天気とか、状況に合わせて変えていくものが上手くいった時は、本当に上手くいくんですけど。

関連記事


映画「万引き家族」あらすじ・ネタバレ・結末

是枝裕和、『万引き家族』などの撮影で行った「子役にナチュラルな演技をさせる」演出方法「台本ではなく、口立てでセリフを伝える」

是枝裕和、『万引き家族』の中で子役・城桧吏が樹木希林とも見事な掛け合いをしたことに驚く「キャリア何年なんだ?」

是枝裕和、『万引き家族』のツカミとなる冒頭の食事シーンの意図を解説「下品で楽しいのを狙いました」

是枝裕和、『万引き家族』は安藤サクラや樹木希林らの凄まじい演技力により生み出されたと語る「バケモノたちのアンサンブル」

是枝裕和、『万引き家族』の取り調べシーンは役者に撮影現場でセリフを与えながらリアクションを撮影したと明かす


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,是枝裕和,万引き家族,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと
次の記事:是枝裕和、『万引き家族』の取り調べシーンは役者に撮影現場でセリフを与えながらリアクションを撮影したと明かす

前の記事:是枝裕和、『万引き家族』は安藤サクラや樹木希林らの凄まじい演技力により生み出されたと語る「バケモノたちのアンサンブル」