TOP山里亮太の不毛な議論 ≫ 山里亮太、『マツコ・デトックス』でも出せなかった恨み辛みを書いたノートをエッセイ『天才はあきらめた』に掲載

山里亮太、『マツコ・デトックス』でも出せなかった恨み辛みを書いたノートをエッセイ『天才はあきらめた』に掲載

2018.06.07 (Thu)
2018年6月6日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、TBS系の番組『マツコ・デトックス』の中でも出していない、日々の恨み辛みを書いたノートを自伝的エッセイ『天才はあきらめた』の中で掲載していると明かしていた。

山里亮太:『天才はあきらめた』7月6日発売、ということでございまして。

天才はあきらめた


でね、本当、M-1の時のネタのこととかも全部書いてるし、あとよくほら、マツコさんとやらせてもらってるところで、『マツコ・デトックス』って、色んな怒りをぶちまける時もあるじゃない。

で、やっぱり時系列で書いてるから、あの言ってるような、怒りに直面したところとかも、その背景ごと結構書いてみたりとか。

あの『マツコ・デトックス』の時に使ってたノートは、放送できないんだけど、でも、それをどうしても編集者の方が、「ちょっとノートをやっぱり、どこかに差し込みたいんですけど」ってことで。

ノートのコピーとかもね、貼ってあるんですよ。だから、テレビで見ると結構、フラットな。怒ってるタイトルぐらいにしか見えないんだけど、もうその当時、だからもう筆圧に怒りが乗ってるから(笑)

「絶対許さねぇ!」みたいなの書いてるのとか、結構、そんなの見ながら書いて、背景とか背景とか文字で見ると、なんか凄い、「2006年よりは成長したんだなぁ」と思いながら。

2006年から12年経った、言葉の数とか表現力とかは昔よりかは若干は上がってるんじゃないかな、ということで。今だからこそ、今じゃなきゃ書けなかった本を書きました。『天才はあきらめた』。

天才はあきらめた


ぜひよろしくお願いします。

関連記事


山里亮太、自伝的エッセイ『天才になりたい』から12年分の思いを込めた『天才はあきらめた』を出版

山里亮太、オードリー若林に依頼して書いてもらった自著『天才はあきらめた』の解説文で泣きそうになる「目、真っ赤になった」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 山里亮太,マツコ・デトックス,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論
次の記事:山里亮太、ノンスタ井上の著書紹介で当て逃げ事故をイジる「スーパーポジティブシンキング(事故前)」

前の記事:山里亮太、オードリー若林に依頼して書いてもらった自著『天才はあきらめた』の解説文で泣きそうになる「目、真っ赤になった」

本日の注目記事