TOP伊集院光とらじおと ≫ 伊集院光、日大アメフト部入りを望んでいた高校生たちの将来を心配「これからどうするべきなのか」

伊集院光、日大アメフト部入りを望んでいた高校生たちの将来を心配「これからどうするべきなのか」

2018.05.31 (Thu)
2018年5月31日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、日本大学アメリカンフットボール部入りを望んでいた高校生たちの将来を心配し、「これからどうするべきなのか」などと語っていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:日大に入りたくて高校でずっとフットボールやってる生徒たちもいっぱいいるでしょ。

有馬隼人:いますね。

伊集院光:そういう人達が、これからどうするべきなのか。

有馬隼人:そうなんですね。昨日、監督会でも少し話があったようですが、日大系列の高校生で、まぁ日大にほぼ行くことがこの時期から決まっているような。

伊集院光:ああ、なるほど。

有馬隼人:あと、ちょっと悪い言い方をすると、がんじがらめで、「日大にくるよな?」と、いう感じになってしまっている人達、生徒たちが困ってしまうだろう、と。

伊集院光:うん。

有馬隼人:そんな時は、監督会も協力して、どこかほかの大学に、適したところに入学できるような支援を考えているよ、という話は出てます。

柴田理恵:その方がいいよね。そこしかないと思って、ずっとやってきた子達が、「ええ…」って思うのはね、可哀想だもん。

有馬隼人:はい。やっぱり、「君は日大に来るんだよな?」という、暗黙のプレッシャーみたいなものを、系列高校でかけられている子がいるだろう、と。

柴田理恵:絶対いますよ。

有馬隼人:そこは上手く救ってあげたいという思いはあるようですね。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,有馬隼人,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと
次の記事:伊集院光、日大アメフト部悪質タックル問題を冷静に検証しようと提案するだけで「日大の味方するのか!」と過剰反応されることを危惧

前の記事:有馬隼人、日大アメフト部のリーグ戦復帰などは「一筋縄ではいかない」と発言「体制の立て直しを」