TOP伊集院光とらじおと ≫ 有馬隼人、日大アメフト部のリーグ戦復帰などは「一筋縄ではいかない」と発言「体制の立て直しを」

有馬隼人、日大アメフト部のリーグ戦復帰などは「一筋縄ではいかない」と発言「体制の立て直しを」

2018.05.31 (Thu)
2018年5月31日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、元TBSアナウンサーで関学大アメリカンフットボール部OBである有馬隼人が、日大アメフト部のリーグ戦復帰などは「一筋縄ではいかない」と語っていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:アメフト、まあ大体今、テレビとかで報じる時には、「反則タックル問題」みたいに書かれてるけれども。

有馬隼人:はい。

伊集院光:もうそれだけじゃなくて、広がり放題、広がっちゃった感はありますが。

有馬隼人:ええ。

伊集院光:ただ、そのフットボールとしての側面の問題は、かなりまとまってきたかな。

有馬隼人:そうですね。関東学生連盟がまぁ、調査をして。処分を下したというところまで来ました。

伊集院光:そうですね。

有馬隼人:ただ、昨日その関東学連に所属するチームの監督会が開かれて、監督会としては、学連、もうちょっと責任感持ってやってくださいよ、と。

伊集院光:うん。

有馬隼人:もうちょっと早く、調査とか処分が出来ていれば、ああやって20歳の学生が、一人で記者会見をして、日本中の目にさらされることも守ることができたんじゃなかったか、とか。

柴田理恵:うん。

有馬隼人:そういった部分で不満はあるようですね。あとは、とは言え、日大ともし試合をすることになった場合、僕たちのチーム、ちょっと戦わせるわけにはいきませんよ、簡単にはいけませんよ、ということも考えてますよね。

伊集院光:うん。

有馬隼人:分かりますよ。自分たちのチームの選手が、やっぱり一度ああいうことを起こしたチームと対戦して、もし悪質なことをされたらってなると。自分ももちろん不安だし怖いけれども、また、親御さんに対する責任もね。「ほら、やっぱりあのチームとさせるから」ってなりますから。

伊集院光:そうですね。

有馬隼人:そこを全部理解させて、「前と同じようにリーグ戦やりましょう」っていう道のりは、一筋縄にはいきませんね。

伊集院光:簡単じゃない。

中村尚登:やっぱり、それ日大のチームの一新というか、コーチ陣も含めて、体制の立て直しっていうのを、きちんとやってもらわないとって言うのが、やっぱり皆さんありますからね。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,有馬隼人,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと
次の記事:伊集院光、日大アメフト部入りを望んでいた高校生たちの将来を心配「これからどうするべきなのか」

前の記事:伊集院光、サトウキビの固い棒を使ったベトナム料理で棒も食べていたらベトナム人店員に「お前、棒食うなよ」と注意された過去