TOPたまむすび ≫ 赤江珠緒、大谷翔平が評論家の二刀流への否定的な見解を覆す大活躍をしていることに「手のひら返しがどのくらいか見たい」

赤江珠緒、大谷翔平が評論家の二刀流への否定的な見解を覆す大活躍をしていることに「手のひら返しがどのくらいか見たい」

2018.04.10 (Tue)
2018年4月9日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、フリーキャスターの赤江珠緒が、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平が評論家の「二刀流への否定的な見解を覆す大活躍をしていることに、「手のひら返しがどのくらいか見たい」などと語っていた。



赤江珠緒:メジャーリーグの大谷翔平さん。

カンニング竹山:大谷、いいですね。

小田嶋隆:これは、私のようなものが論評するようなアレじゃなくて、恐れ入りましたっていう。

赤江珠緒:やっぱりご覧になりました?

小田嶋隆:今朝も見てました。

赤江珠緒:もちろん、御本人の3試合連続ホームランも凄いし、2勝目もね、私も拝見しました。

カンニング竹山:これね。

赤江珠緒:どっちかって言うと、それを周りのアメリカの人たちがどういう風に見ているかを報じて欲しい、もうちょっと。

カンニング竹山:そう!

赤江珠緒:手のひら返しが、どのぐらい返しているか見たい。

カンニング竹山:ちょこっとやってたよ、今朝も。物凄い手のひら返してたよ(笑)アメリカのマスコミは。

赤江珠緒:それ見たいですね。

小田嶋隆:率直に、手のひら返すのが彼らの見事なところで(笑)

カンニング竹山:アメリカのマスコミのね(笑)

赤江珠緒:ねぇ、お見事でございます(笑)


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 赤江珠緒,大谷翔平,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:カンニング竹山、大相撲の「女人禁制」が最近できた決まりごとに過ぎないことに「伝統もクソもない」

前の記事:伊集院光、知名度のあるタレントがYouTubeを行う利点はあまりないと指摘「クレームを入れられるんじゃ…」