TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、知名度のあるタレントがYouTubeを行う利点はあまりないと指摘「クレームを入れられるんじゃ…」

伊集院光、知名度のあるタレントがYouTubeを行う利点はあまりないと指摘「クレームを入れられるんじゃ…」

2018.04.10 (Tue)
2018年4月9日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、知名度のあるタレントがYouTubeを行う利点はあまりないと指摘していた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:大変だね。YouTubeも…「タレントがYouTubeやってもな…」ってちょっと思ったのは、YouTuberの利点みたいもの、全部ないわみたいな(笑)

結局、りんりんロードを走ってる映像を上げた時に思ったんだけど、なんだろうね…止まれ、止まれの一時停止度合いが少し甘く見える。止まってっけどね。止まってっけど、少し甘く見える、みたいなところをカットするとかが、めんどくさい。

でいて、「なんかこれ、余計なことで怒られるんじゃないか?クレームを入れられるんじゃないか?」っていうことに、得を感じないっていう。

なんか、そういう方にばっかり労力がかかって。だって、アンパンマンのやつ(パロディ動画)もさ、わざわざよ、わざわざ知り合いに、まず「あんぱんの売れ残りのもういらない、食べることをお店としては保証できないみたいものある?」みたいな、「出る時ある?」みたいな、ある意味予約から始まるからね。

で、そんなことYoutubeの内容に関係ねえじゃん。でもなんかさぁ、言われんの嫌だなって思ってさ。で、きちんとカビが生えるまで待つ作業とかも、何をやってるのかも全然もう(笑)

なんだか分かんない(笑)カビ培養してる人だからね、そういうのなってくるとね。そんなのに結構お金かかるし、凝り性だから、すげぇお金かかってくし(笑)そういうことで、なんかよく分かんなくなっちゃうね。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力
次の記事:赤江珠緒、大谷翔平が評論家の二刀流への否定的な見解を覆す大活躍をしていることに「手のひら返しがどのくらいか見たい」

前の記事:伊集院光、告知せずにインスタグラムを始めて「いいねが19ぐらい」しかつかないことで「もうやめます」