TOPブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ! ≫ 南キャン・山里「不仲だった南海キャンディーズ」

南キャン・山里「不仲だった南海キャンディーズ」

2012.09.23 (Sun)
2012年09月22日放送の「ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!」にて、南海キャンディーズ・山里亮太がゲスト出演していた。そこで、南海キャンディーズが不仲だったことについて語っていた。

ブラマヨ・吉田「ピンも仕事があると、コンビでの仕事がでけへんやろ?だから仲が悪いのかなぁって思ってしまうんやけど」

山里「正直、めちゃくちゃ仲が悪かったです」

ブラマヨ・吉田「いつくらい?」

山里「これ言うと、多分みなさん引くと思いますけど、仲良くなったのは、しずちゃん(山崎静代)がオリンピックを目指し始めた頃です」

ブラマヨ・小杉「えぇ~めっちゃ最近やん」

ブラマヨ・吉田「ほんなら、アイツがオリンピックに行くってことになったときは、やっぱり仲が悪かった?」

山里「正直、仲が悪かったです。それは全て、僕のダメな嫉妬なんです」

ブラマヨ・吉田「しずちゃんに嫉妬してたん?」

山里「僕はコンビ結成してから、何をやっても僕の前を走ってキラキラ輝き続けるしずちゃんが、本当はありがたいと思わなきゃいけないんですけど、途中からムカついてしょうがなかったんです。『なんでこの子は、なんも準備しないで、こんなに準備した僕の前を走っていくんだろうか』って。『今日は、この子がほめられて終わった。でも、この子が今日喋ったことは、僕が前から用意してたヤツだ』っていう、そんなのコンビとしては当たり前なんですけど、それがイヤな時期がずっと続いて」

ブラマヨ・吉田「へえ」

山里「それで、あの子が自分の才能でいろんなものを勝ち取っていくんです。映画とかドラマとかそれで、自分は女の子だから、髪の毛を茶色くしてみたりしたい。でも、僕は自分のイメージからしずちゃんがズレることを極端に嫌ってたんです」

会場「へぇー」

山里「僕は、しずちゃんは得体の知れない変わった女の子だって思われてる方が、南海キャンディーズとしては絶対に良いって思ってたんです」

ブラマヨ・小杉「お前はトトロやって思ってるからな(注:南キャン・山里「南海キャンディーズ結成に隠された真実」)」

山里「そうです。トトロが、へそピアスしたらイヤでしょ?」

ブラマヨ・小杉「おかしいよ」

ブラマヨ・吉田「エクステとかな」

山里「だから、そういうのをするなって僕は強要してたんです。あるロケで、男性の鼻の大きさと股間の大きさは比例するのか、みたいなロケをやってたんですけど、しずちゃんが街の男の人の股間を、やたらめったら触る、と」

ブラマヨ・小杉「はっはっはっ(笑)なんちゅうロケやねん(笑)」

山里「それで、鼻を見て『違うな』っていうロケをやってたんです。それで、それが終わったときに触った相手に、謝りに行ったんです」

ブラマヨ・小杉「うん」

山里「『先程はすいませんでした』って。それに対して、僕は『謝らないで。しずちゃんは、男性の股間を平気で触って、ヘラヘラしてる人なんだ。謝るんだってことだったら、普通の人じゃん。しずちゃんは、モンスターなんだから、普通のことをしちゃダメじゃん』って言ったら、しずちゃんがたった一言、『私は人間だ』って言ったんです」

ブラマヨ・吉田「あぁあぁ(笑)」

ブラマヨ・小杉「なんやそれ。ハリウッドのホラー映画やんけ」

ブラマヨ・吉田「ふははは(笑)」

山里「そっから心を閉ざしてたって思ってたんです。僕の言うことを反対をやるし」

ブラマヨ・小杉「反発やな」

さらに、以下のように語っていた。

山里「僕のアドバイスを絶対にしないで、真逆のことをする。それでも評価されて、映画が決まる。映画がきっかけで、色んなCMも決まる」

ブラマヨ・小杉「シャンプーのCMもやってたね」

山里「すごいですよ。『可愛いは作れる』って。俺はそのCMのたびに『作れてねぇよ』ってずっと言ってたんです」

ブラマヨ・小杉「やめろ(笑)」

山里「そういう時期がずっとあって、しずちゃんも僕のことを、嫌いだって思ってたんです。それは嫌うでしょ。そんなことを言う人なんて」

ブラマヨ・小杉「うん。それで、仲良くなるきっかけは?」

山里「オリンピックを目指しているときに、ドキュメントとか密着を観るわけです。しずちゃんが頑張ることによって、僕もしずちゃんに目を向け直してみようって思って」

ブラマヨ・小杉「うん」

山里「しずちゃんの周りの人から、色んな話を聞いたんです。聞いたのは、先輩とかが、僕のヒドイ行動とかに対して、しずちゃんに『あれはあまりにも山里はヒドイ』って言ってたと」

ブラマヨ・吉田「あまりにも人間扱いしてない、と」

山里「『あいつはちょっとオカシイ。ヒドイな』って。僕もお世話になってるメッセンジャーのあいはらさんが、『すまんなぁ、山里はクズだから。お前に凄くイヤな思いをさせてる。でも、我慢したってな』って言ってくれる先輩がいっぱいいたそうなんです。そういったことがずっと続いてて、その時に先輩全員から聞いたんですけど、しずちゃんはたった一言だけ言ってたそうなんです」

ブラマヨ・吉田「うん」

山里「『分かってます。私は山ちゃんに見つけてもらったんで、解散はしません』ってずっと言い続けてたそうなんです」

ブラマヨ・吉田「へぇ~」

ブラマヨ・小杉「色んな先輩が『ごめんな、山里が』って謝っても、しずちゃんは全員にその答えを返してたの?」

山里「全員に、『私は、山ちゃんに拾ってもらったんで、解散は絶対にしません。山ちゃんが怒るのもわかるんで』っていうのを、全員に言い続けて、2005年から6年以上、ずっと僕のことを陰でかばい続けてたんです」

ブラマヨ・吉田「へぇ~」

ブラマヨ・小杉「周りの先輩が『山里最低や』って言ってても、かばってくれてたんや」

山里「はい。『山ちゃんはああ見えてても、ちゃんと私を演出してくれてるんです』って言ってくれてたんです。だから、それで『あぁ…』って思って。実際問題、僕がこうやってテレビに出させてもらっているのも、気づけば、"南海キャンディーズの"山里が出てるんです」

ブラマヨ・吉田「うん」

山里「でも、その南海キャンディーズって名前を覚えてくれる場所、みんなが南海キャンディーズの名前に触れてるのって、新聞とかでしずちゃんが何かをやり続けてたからなんです。オリンピックを目指すのも、フラガールで賞を受賞した、主演が決まった、ドラマがある、っていうのが毎回新聞が出るたびに、あの子はずっと"南海キャンディーズ"のしずちゃんって言って、南海キャンディーズがずっとこの世界にいますよって出し続けてくれてたんです」

ブラマヨ・吉田「ほぅ…」

ブラマヨ・小杉「"山崎静代"じゃなくて」

山里「そうなんです。いつだって山崎静代って言えたんです。フラガールだって、あの子の意向で山崎静代(南海キャンディーズ)ってテロップが書かれたんです」

ブラマヨ・吉田&小杉「へぇ~」

山里「それを今回の2012年に、オリンピックによって知ったときに、『あぁ…それは俺、ダメだ』って思ったんです(笑)」

ブラマヨ・小杉「あちゃちゃ~」

山里「あちゃちゃ~」

ブラマヨ・小杉「先輩にかばってたっていうのを知ったのは?」

山里「それは、僕がしずちゃんの愚痴を言ったときに、先輩が僕に怒りながら言ったんです」

ブラマヨ・小杉「はっはっはっ(笑)『お前、愚痴なんか言わずに聞け!』って?」

山里「はい。胸ぐら掴まれて、『もう我慢でけん。えぇ加減にせぇよ!お前』って。『なんですか…あっちは、俺の書いた台本でウケてるのに、感謝がないでしょうが』って言ったら、『死ね、クズ』と。それで『しずちゃんがお前のことを庇って、なんて言ってたか知ってるか?』って」

ブラマヨ・吉田「それで、変わったの?接し方も」

山里「変わりましたね」

ブラマヨ・吉田「じゃあ、もう仲良く」

山里「そうですね。今まではしずちゃんのやってることは、観ないようにしてたんです。今までは。コンビのためじゃないことをやってる人だって思ってたんです。…たぶん、自分でこういうことをコンビで言うのは恥ずかしいんですけど、今が一番仲が良いんです。南海キャンディーズ史上」

ブラマヨ・小杉「ボクシングをやって気づいたことやもんな」

山里「はい」

ブラマヨ・吉田「凄いね。もう山里ができる恩返しとしては、レフェリーの免許とって、しずちゃんの試合をしずちゃん有利に裁くことやな」

山里「そうですね。世界を敵に回すようなミスジャッジして」

ブラマヨ・小杉「しずちゃんの頑張りを、世紀の凡戦にしてしまうから(笑)」

山里「しずちゃんがダウンしてるときに、ずっとよそ見して」

ブラマヨ・小杉「コントやん。完全にボクシングコントやん(笑)」

【関連記事】
南キャン・山里「南海キャンディーズ結成に隠された真実」

南キャン・山里「相方・しずちゃんの五輪出場絶望について」

南キャン・山里「相方・しずちゃんにトコトン便乗する」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 南海キャンディーズ,山里亮太,山崎静代,ブラックマヨネーズ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!
次の記事:有吉弘行が語る「ブレイク後の芸人が気をつけるべきこと」

前の記事:南キャン・山里「南海キャンディーズ結成に隠された真実」

本日の注目記事