TOPたまむすび ≫ カンニング竹山、「森友学園」問題が真相解明の進まないまま政局の材料にしか使われていない現状に疑問「真実をちゃんと知りたい」

カンニング竹山、「森友学園」問題が真相解明の進まないまま政局の材料にしか使われていない現状に疑問「真実をちゃんと知りたい」

2018.03.27 (Tue)
2018年3月26日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑い芸人・カンニング竹山が、「森友学園」問題が真相解明の進まないまま政局の材料にしか使われていない現状に疑問を呈していた。

カンニング竹山 単独ライブ「放送禁止2015」
カンニング竹山 単独ライブ「放送禁止2015」 [DVD]

カンニング竹山:最近、気持ち悪いなって思ってんのは、この森友の問題でね、政治家も評論家もそうですし、ネットを使ってる人たちもそうですけど、凄く二分しちゃうなって思うんですよ。

小田嶋隆:そうですね。

カンニング竹山:だからその、安倍政権側というか、安倍政権の考えに近い人たちは、「いや、森友なんて何も問題ないんだ」と。

小田嶋隆:うん。

カンニング竹山:「安倍夫婦は関係ないんだ」と。「それがなんでお前らは分からないんだ?」でガンガン攻めてくる。

小田嶋隆:はい。

カンニング竹山:「いや、やっぱおかしいだろ」って人は、「安倍さん夫婦おかしいんだろ」「昭恵さんおかしいんだろ」って攻めてくるっていうか。どっちも答えがわからないまま、両極にね。

小田嶋隆:そうですね。政局の材料というか、政権打倒の材料にしようって人と、それを阻止しようとする人の話になってて、真相を解明するという話が、どこか材料として別になっちゃってる感じがありますね。

カンニング竹山:うん。そのような気がするんですよ。本当は、ちゃんと中道で考えていかなきゃいけない問題なのかなぁと思うんですけどね。

小田嶋隆:とは言え、この問題って中道ってありえにくいですよね。だって、これが本当に指示なり関与があったんなら、政権打倒せざるを得ないわけですから。

カンニング竹山:うん。

小田嶋隆:だから、倒すか倒さないか、どっちかの話に結果としてはなりますから。

カンニング竹山:真実をちゃんと知りたいじゃないですか。

小田嶋隆:そうですね。だから、予断を持たずに調査をしようっていうふうに持ってければいいんですけどね。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : カンニング竹山,森友学園,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:カンニング竹山、『たまますび』卒業する吉田明世アナにラジオパーソナリティーとして「100点満点だった」

前の記事:カンニング竹山、睡眠時無呼吸症候群と診断されてCPAP治療を受けていると告白「無呼吸、危ないから病院へ」