TOPバナナマンのバナナムーン ≫ バナナマン日村、とんねるずがドラマ出演で降板した『みなさん』の中継ぎをウンナンが行っていたと語る「誰かがやらねば」

バナナマン日村、とんねるずがドラマ出演で降板した『みなさん』の中継ぎをウンナンが行っていたと語る「誰かがやらねば」

2018.03.24 (Sat)
2018年3月23日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『バナナマンのバナナムーンGOLD』(毎週金 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・バナナマンの日村勇紀が、とんねるずが倉本聰の脚本ドラマ『火の用心』出演のため、降板した『とんねるずのみなさんのおかげです』の中継ぎをウッチャンナンチャンが行っていたと語っていた。

bananaman live Super heart head market
bananaman live Super heart head market [DVD]

設楽統:『みなさん』ね。

日村勇紀:『みなさんのおかげでした』。

設楽統:うん、昨日最終回。

日村勇紀:いやぁ、終わっちゃったね。

設楽統:終わりましたね。

日村勇紀:凄いね。

設楽統:30年の歴史に幕を下ろしたってことで。1986年、火曜ワイドのスペシャル放送でやって。

日村勇紀:うん。

設楽統:1986年のやつから数えて、30年。あれさ、途中でちょっと何年かなかった?

日村勇紀:86年のから数えると、32年いっちゃうんでしょ?

設楽統:あ、スペシャル4回やってレギュラー放送か。

日村勇紀:そういうことです。88年からレギュラースタートなんですね。

設楽統:『おかげです』と『でした』の間って、ちょっと空いた?

日村勇紀:半年くらい空いてるんじゃないの?

設楽統:あ、でも半年ぐらい?俺、「なんか、その間空いてたよな」って記憶が
あったんだけど、そんなもんだっけ?

日村勇紀:『誰かがやらねば』をウンナンさんがその枠をやって、とんねるずさんは倉本聰さんのドラマやったのよ。

設楽統:その間…

日村勇紀:ウンナンさんが、『誰かがやらねば』を。要は、「誰かがやらなきゃいけない」って意味よ、つまり。

設楽統:なるほど。じゃあ、1~2年そこで…

日村勇紀:いや、半年だと思う。

設楽統:それが半年で。半年でとんねるずさんが木曜9時に戻ってきたから、違う曜日で『やるならやらねば』を始めたっていう。

日村勇紀:なるほど、なるほど。

設楽統:そっか、そっか。

日村勇紀:そこ凄いよね、よく考えたらね。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : バナナマン,みなさん,とんねるず,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  バナナマンのバナナムーン
次の記事:バナナマン設楽、20代のとんねるずがフジテレビ上層部に掛け合って『みなさん』前身特番が放送されたことに改めて驚く

前の記事:おぎやはぎ矢作、モデルやタレントを落とす「一般男性」の正体は「超金持ちかもう本当の遊び人」と明かす