TOPナイツのちゃきちゃき大放送 ≫ 千鳥・ノブ、「同じ年にデビュー」したはずの山里亮太らより先輩である理由を明かす「インディーズライブ始めてて」

千鳥・ノブ、「同じ年にデビュー」したはずの山里亮太らより先輩である理由を明かす「インディーズライブ始めてて」

2018.03.05 (Mon)
2018年3月3日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『土曜ワイドラジオTOKYOナイツのちゃきちゃき大放送』(毎週土曜日9:00-13:00)にて、お笑いコンビ・千鳥のノブが、「同じ年にデビュー」したはずの南海キャンディーズ・山里亮太らより先輩である理由を明かしていた。



土屋伸之:最初に、千鳥と一緒になったのは、千鳥のライブで僕らがゲストになった時に、僕ら先輩だと思ってたから、敬語で行ったけども。

ノブ:うん。

土屋伸之:「まぁ、一応2000年デビューで、一緒でいいじゃないか」みたいな。

塙宣之:一緒だし、あと年下だったんだよね。早く出てたからね。

土屋伸之:「じゃあ、お互いにタメ口で」って決めたから。その飲み会も「ノブ君、ノブ君」って言ってたんだけど。でも、若林君が同じ同期なのに、きっちり敬語で(笑)

塙宣之:なんで、若林君って千鳥に対して敬語使ってんの?

ノブ:多分、若林は年次で言うと、一個下だから。

土屋伸之:山ちゃんとかが…

ノブ:山ちゃんとかに合わせてて。

塙宣之:なんで、山ちゃんより上なの?山ちゃんと同期じゃないの?

ノブ:いや、僕らね、プロフィール上では2000年デビューにしてるけど、ほんまは笑い飯と漫才してたんですよ。

塙宣之:じゃあ、先輩じゃん。

ノブ:それが、1999年、1年前にインディーズライブ始めてて。

土屋伸之:それがあるからね。

塙宣之:吉本、入る前にやってたんだ?

ノブ:そう、そう。11年間やってたから。

大悟:吉本内では、山里ととかより1年先輩。

ノブ:そう、そう。

土屋伸之:山ちゃんとかが、僕ら同期だと思ってたから。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 千鳥,山里亮太,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイツのちゃきちゃき大放送
次の記事:千鳥・大悟、ブルゾンちえみやにゃんこスターと「2017年ブレイク芸人」と言われることに「モノがちゃうわ」

前の記事:千鳥・ノブ、「イジられたい」願望のあるナイツ土屋に目指すべきは「安住・羽鳥アナ」だとアドバイス