TOPナイナイのANN/岡村隆史のANN ≫ 石橋貴明、「とんねるず」というコンビ名の由来を改めて語る「演出家の井原高忠さんが命名」

石橋貴明、「とんねるず」というコンビ名の由来を改めて語る「演出家の井原高忠さんが命名」

2018.03.02 (Fri)
2018年3月1日放送のニッポン放送のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・とんねるずの石橋貴明が、「とんねるず」というコンビ名の由来を改めて語っていた。

ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.6
ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.6 (ヨシモトブックス) (ワニムックシリーズ 207)

リスナーメール:一周回ってお聞きしたいのですが、「とんねるず」というコンビ名の由来は何ですか?こんな質問されないと思うので、聞きたいです。

石橋貴明:これは本当に…最初、素人で出た時は、「貴明&憲武」っていう。

岡村隆史:ああ、そうですよね。「タカ&ノリ」ですよね。

石橋貴明:「タカ&ノリ」ですね(笑)で、コルドンブルーっていう、赤坂のおぼんこぼんさんが10年間そこに出ていたと言う。まぁ、大人が出る、レビューをやるステージがあって。

岡村隆史:はい、はい。

石橋貴明:そこに、おぼんこぼんさんがお笑いスター誕生、10周勝ち抜いたことによって、「後釜を探してる」って、そこに僕らがオーディション行って、受かっちゃって。

岡村隆史:ショーパブみたいなところですか?

石橋貴明:ショーパブっていうか、もっとハイグレードな。1人、お客さん2~3万とる。

岡村隆史:ああ、結構セレブリティなショーをやる。

石橋貴明:もう、マンスリーで、夏木マリさんとかが歌って。ダンスがあって、その合間合間にコントがあって。そこにおぼんこぼんさん、10年やってて。で、おぼんこぼんさんがお笑いスター誕生、10週勝ち抜いたんで、俺らがそこのオーディション受かって。

岡村隆史:はい。

石橋貴明:で、貴明&憲武で出ようと思ったら、その時の演出家で井原高忠さんっていう、『シャボン玉ホリデー』とか全部やってた、『ゲバゲバ』とかやってた人が、「貴明&憲武は覚えづらいざんすね」って。

岡村隆史:ざんすね(笑)

石橋貴明:「TとNだから、『とんまとのろま』か、『とんねるず』どっちがいいざんす?」って。「え?とんまとのろま…」って。

岡村隆史:それはね。

石橋貴明:「とんねるずもヤダな…」と思って。でも、どっちかだって言われて
。「じゃあ…」って。

岡村隆史:しゃあなしの。

石橋貴明:「もっと格好良い名前つけたかったな」って、今でも思ってます(笑)

岡村隆史:今でもですか?

石橋貴明:今でも思ってます。「ナインティナイン」とか(笑)

岡村隆史:ふふ(笑)

石橋貴明:「ダウンタウン」とか格好良いじゃないですか。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 岡村隆史,とんねるず,石橋貴明,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN/岡村隆史のANN
次の記事:石橋貴明、事務所に所属もしていない段階で森永製菓がCM契約をしてくれたと明かす「1人30万円」

前の記事:石橋貴明、フジテレビの凋落の原因は多くのタレントが一体となれる「お祭り」という強みを失ったことだと指摘