TOP爆笑問題の日曜サンデー ≫ 秋元康「演出を超えたドラマをみせるAKB48」

秋元康「演出を超えたドラマをみせるAKB48」

2012.06.18 (Mon)
2012年06月17日放送の「爆笑問題の日曜サンデー」にて、秋元康がゲスト出演していた。そこで、自身の演出を超えて成長していくAKB48について語っていた。

太田「AKBの映画観させてもらいましたけど」

田中「スゴイよね、あの映画」

太田「『この人達、スゴイ』って思っちゃうよ」

田中「あれは、RHYMESTER歌丸が『あれは戦争映画だ』って言ってたけど、まさにそうで。裏では、野戦病院みたいになってて」

秋元「満身創痍の前田敦子が、『もう無理だ、出すな』って。僕らは『病院行かせろ』って言ってたけど、立ち上がってふらふらってきて、フライングゲットのイントロが流れると、笑ってるんですよ(笑)」

太田「『この人、プロなんだ』って尊敬しちゃうよね」

秋元「それは、前田敦子のスター性じゃないですか?でも、指原はそれが無いんですよね」

田中「ないんだ」

秋元「スター性が無いのが良いんだけどね。でも、ここで指原伝説をもう一度、博多で作らないと」

太田「1回目終わった後に、秋元さんくるじゃないですか」

田中「西武ドームに?」

太田「『今日のステージは、今までの中で最低でした』とか言うじゃないですか。あれは、前田を過呼吸に追い込もうとしてるの?」

田中「違うわ(笑)そんな鬼演出家いるか!」

竹内香苗「秋元さんは、みんながそう言ってたときに、『これはこちら(演出側)の問題で』って言ってたんですよね」

太田「もちろん、そう言ってるんだけど、ジリジリ追い込んでるんですよね」

秋元「一番は、まずスタッフにですよね。当たり前なんだけど、スゴイ忙しいから、リハーサル時間が少なかったんですよ。だから、みんな立ち位置を気にして、思いっきりできなかったんですよ。それで最悪だ、と」

太田「あぁ」

秋元「AKBの面白さって、高校野球みたいなもんで、テクニックではなく、全力で走る・ヘッドスライディングするしかないんだから。それをプロっぽく、配分を考えてたのが分かったの」

田中「ペースをね」

秋元「それ自体がダメだと。それで二日目に配分を考えずにいったから、過呼吸は出るわ、大変に(笑)」

太田「過呼吸が伝染していくんだよね」

田中「そうそう。高橋みなみが、みんなを看病して(笑)」

秋元「暑いから脱水にもなって」

竹内香苗「さらに色々みてると、そう(倒れる)はなれないタイプの子もいて」

太田「立場上ね。高橋みなみとかも。最終的に、秋元さんが過呼吸になったのは笑ったけどな」

秋元「俺が倒れたら、たぶん心筋梗塞だから(笑)…高橋みなみも優れてるんですよ。前田敦子もすごい。だけど、普通の女の子が、集団で一つのことに立ち向かっていくと、自然と役割ができてくる。高橋みなみも、スタートしてた頃は、あんなリーダーシップとれてないんですよ。スタートした頃は、その他大勢。でも、上が居なくなると、自分がまとめなきゃいけないって思って、そういうふうになっていくんですよ」

太田「へぇ~」

秋元「ドキュメンタリーでもあったけど、前田敦子が『私は、普段こういうこと言わないけど…』って言って注意したりするんですよ。後輩に」

太田「変わっていくんだ」

さらに、以下のように語っていた。

田中「俺は、女子高の文化祭そのものだって思う。あれを観てたら。男子は、あぁはならない。女子のほうが、泣いたり笑ったり、ケンカしたり、スゴイことになる」

竹内香苗「あぁ~」

田中「女たちの集まりの、あの文化祭っぽい感じ。アレは、観た人が同じような経験をしてると思うんだよ。文化祭とか、部活の試合前って、あんな感じなんだよ」

太田「うん」

田中「それで、先輩が怒るんだよ。『今日の試合はなんだ!』って言って。それで、夜に練習させられたり。あの感じがね」

秋元「AKBって、年齢層が色々じゃないですか。それはね、みんなどこかで青春みたいなのを感じてるんですよ。1日目に、怒ったじゃないですか」

田中「はい」

秋元「それで、僕らは『さぁ、ご飯でも食べに行こうかな』って思ってると、もう明かりも落ちた中で、車のヘッドライトをつけてその中で練習したりする。高橋みなみを中心として。そういうのは、『熱くていいなぁ』って思うんですよ」

田中「そうなんですよね」

秋元「全然、格好良いもんじゃない。もっとスタイリッシュじゃなくて、もっとダメダメな…」

田中「泥臭い感じですよね」

秋元「そう、泥臭い感じ」

太田「こういう展開は、秋元さんの予想をはるかに超えてるんですか?」

秋元「超えてますね。結局は、プロデュースって、無色のものに色を付けて…とかって言うけど、それは無理ですよ。本来持ってる0.1%をどれくらい引き出すかってことでやっていくけど、結局のところ、ステージなり歌なりを託したら、あとは彼女たちが動くしかないからね」と語っていた。

【関連記事】
秋元康が語る「指原莉乃のスキャンダル、移籍問題」

山里亮太が語る「AKB48・前田敦子の卒業の意味」

オードリー・若林「アイドルは不完全な方が売れる」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 爆笑問題,秋元康,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題の日曜サンデー
次の記事:秋元康が語る「AKB、ももクロ、モー娘。の違い」

前の記事:秋元康が語る「指原莉乃のスキャンダル、移籍問題」