TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、小平奈緒に対して「獣のような滑り」と発言するよりも「オカリナに似てる」の方が非難されるべきと指摘

伊集院光、小平奈緒に対して「獣のような滑り」と発言するよりも「オカリナに似てる」の方が非難されるべきと指摘

2018.02.27 (Tue)
2018年2月26日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、フィギュアスケート女子500メートルで金メダルに輝いた小平奈緒選手に対して、「獣のような滑り」とTBSアナウンサー・石井大裕が発言して物議を醸したことに、それよりも「オカリナに似てる」といったネット上のコメントの方が非難されるべきではないか、と指摘していた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:小平選手のことを…小平選手が記録だしたり、勝った時に、なんかインタビュアーの人が、「獣のような滑りでしたね」って言ったら、なんかそれに対してみんなすげぇ怒る、みたいな。

別にいいじゃんっていうか。「そんな怒ること?」って、俺、思うのね。で、よっぽど小平選手に対して失礼っていうことで言えば、「オカリナに似てる」の方が、スゲェダメじゃん。

みんな、そっちを…鳥越俊太郎、そっち怒んねぇの?なんか、鳥越俊太郎さんが「獣に似てる」は、「言語道断」ぐらいまで怒ってて。「別にそんなの言うよね?」って思うんだよね。

ただ、「オカリナに似てる」はどうかなぁ。俺、どっちかって言うと、そっちに「そういうこと言うもんじゃない」って思いますけどね。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,小平奈緒,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力
次の記事:伊集院光、伊丹十三監督は台本を「一字一句間違えないで」と指示していたと明かす「2時間やった後に結局、全部アフレコ」

前の記事:伊集院光、永井豪が仕事を引き受け過ぎて限界にも関わらず編集者が「大物原作者に原作を書かせる」ことで断れなくしたと明かす