TOP古舘伊知郎のオールナイトニッポン ≫ 古舘伊知郎、貴乃花親方に相撲協会からの脱退を提案「全日本相撲協会と新日本相撲協会に分かれて」

古舘伊知郎、貴乃花親方に相撲協会からの脱退を提案「全日本相撲協会と新日本相撲協会に分かれて」

2018.02.24 (Sat)
2018年2月8日放送のニッポン放送のラジオ番組『古舘伊知郎のオールナイトニッポンGOLD』(毎月第2もしくは第3金曜 22:00-24:00)にて、フリーキャスターの古舘伊知郎が、貴乃花親方に対し、相撲協会からの脱退を提案していた。

SWITCH Vol.34 No.12 古舘伊知郎 TALKAHOLIC
SWITCH Vol.34 No.12 古舘伊知郎 TALKAHOLIC しゃべくる魂 テレビ屋の反乱

古舘伊知郎:やっぱりファンっていうのは何かっていうとね、やっぱ多くのファンが、「ファンとしては新しいものを見たい」とか、「貴乃花、頑張ってるんじゃじゃないですか、親方」とかいうのを、テレビなんかここんところ拾うわけだけど。

これもね、それがすべてのファンなんだろうかって言ったら、本当に長く相撲が好きで。何もたまり席なんかで見た経験も、人生で一度もなく。桟敷席に行ったこともなく。やっぱり、遠い田舎でね、大相撲の本場所の中継を必ず1月置きに楽しみに見てる、田舎の里山のお爺さんとかお婆さんとか、そういう人はね、どっちがいいとか悪いとか言ってないんだよ。

やっぱり、相撲を本当に夕方のNHKの中継を楽しみに、ずっと15日間ね、「相撲の時だけは仕事が手に付かない」つって、早く切り上げてみたりする人がいるでしょ。そういう人のところに、テレビ局が地方局も動員かけて行って、徹底的に相撲何十年も見てきた人のコメントずっと綴ってみるとか。

そうしないと、ファンの実相っていうのが見えてこないと思うし。これはね、一思いにね、貴乃花側で言うんだったら、僕はあの人にね、生意気ながら言いたいんだけど。「一度、脱退したら?」って、ちょっと思いますよね。

やっぱり今までやってて、インタビューでもチラチラ、苦しみとして出てくるのは分かるんですけど、「相撲という業界に私はいるから、一人の親方に立ち戻って地道にやるしかない」と。いや、戦ってるんだったら、そこに戻っちゃったら今までと何も変わんないことになってるから。

一人自分のね、シンパが理事になって、阿武松親方が理事になったとはいえ。だから、そういう意味では、一度脱退してね。相撲協会も、まぁ公益法人っていうのはとれてしまうかもしれないけど、やっぱり私はプロレスの実況出身だから強く思うことは、やっぱり
日本相撲協会が一度、全日本相撲協会と新日本相撲協会に分かれてですね、あえてこっち側は、大ガチンコで行く、と。こっちは、ある種の様式美的要素も兼ね備えてやる、と。

で、それがどっちも興行が成り立たないなら、合流戦をやると。それからもう一方で、モンゴル互助会とも皮肉られて言われてる、モンゴル会の団体もそこに参戦してくると。で、色んな取り組みがあるっていうのもね。新しい相撲のあり方かもしれないし。それが良いか悪いかは置いておいて、一つの試みをやっていかないと、いつまで経っても変わらなくて、ただのワイドショーネタになっちゃってたら面白くないな、というふうに思うしね。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  古舘伊知郎のオールナイトニッポン
次の記事:古舘伊知郎、独占インタビューを行うと週刊誌やテレビが急に「そっち擁護派になる」と指摘「人の意見は非常に移ろいやすい」

前の記事:古舘伊知郎、貴乃花親方の大相撲のありようを巡って相撲協会と対立する主張は「具体性に欠ける」と指摘