TOPおぎやはぎのメガネびいき ≫ おぎやはぎ矢作、東京03のライブ初日に「セリフが飛ぶ」アクシデントがあったと告白「大変なネタができて安心しちゃって…」

おぎやはぎ矢作、東京03のライブ初日に「セリフが飛ぶ」アクシデントがあったと告白「大変なネタができて安心しちゃって…」

2018.02.23 (Fri)
2018年2月22日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・おぎやはぎの矢作兼が、東京03のライブ「東京03 FROLIC A HOLIC 『何が格好いいのか、まだ分からない。』」で、初日に「セリフが飛ぶ」アクシデントがあったと告白していた。

JUNK おぎやはぎのメガネびいきオフィシャルブック『めがね』
TBSラジオ『JUNK おぎやはぎのメガネびいき』オフィシャルブック『めがね』 (タツミムック)

リスナーメール:おい、矢作!てめぇ、初日だからってセリフ飛ばしてんじゃねぇよ!「誰か教えて」じゃねぇんだよ。

普通に角ちゃんに教えてもらって、何もなかったように続けてたけど、めちゃくちゃ笑ったわ。

明日の声も不安が残るので、今日は早く帰って寝てください。

矢作兼:確かに(笑)

小木博明:飛んでたね。

矢作兼:飛んでたね。

小木博明:最後のネタ。一番最後ね。

矢作兼:そう。

小木博明:オーラスだよね、アレね。

矢作兼:そう。最後のネタが…

小木博明:もう、始まった時からフワフワしてたでしょ?

矢作兼:だって、まず今日ゲネプロ。本番さながらのやつを「ゲネプロ」って言うんだけど。その時に、ノーミスだったの。最後のネタが。

小木博明:はい、はい。

矢作兼:でも、それやり終わった後に本当にただの綱渡りで、なんで全部セリフが出てきたか分からない感じなの(笑)

小木博明:それが奇跡だったんだ。

矢作兼:たまたま全部、セリフが出てきたの。それで、のらりくらりと全部できたの。

小木博明:できてたよ、完璧だった。

矢作兼:ね?で、その大分前に、もう1個不安なネタがあるの。それは、ゲネプロでは全然できなかったの。だから、「ヤバイ」と思って、本番のためにその前の方のネタだね。それ、結構俺のセリフが多くて、大変なネタがあるの。

小木博明:そう、そう。

矢作兼:それをね、凄い頭の中で何度も繰り返し、繰り返し練習して。それでやったの。

小木博明:うん。

矢作兼:そしたら本番、そのネタ完璧だったもんね。

小木博明:ああ、完璧だった。

矢作兼:ノーミス。ゲネプロでボロボロだったやつが。

小木博明:そうだね。

矢作兼:そしたらね、それで安心しちゃったの。

小木博明:安心しちゃうんですよ。

矢作兼:それで最後のネタ、完全に忘れちゃった(笑)練習でもあんなところ飛ばしたことないのに。

小木博明:そこなんだよね。

矢作兼:すっぽり、分からなくなっちゃって。それでね、飯塚さんが正面にいてね。飯塚さんはリーダー的存在だから。ネタもだいたい入ってるし。飯塚さんに助けを求めたんだけどね、飯塚さんも首振るわけ(笑)「分かんない」って(笑)

小木博明:そうなんだよね。初日だから、みんなちょっとそんな余裕がないんだよね。

矢作兼:余裕がない。そしたら、角ちゃんがね、小さい声でね、教えてくれた。

小木博明:角ちゃん素晴らしいよな。

矢作兼:角ちゃん、凄い。助かるよねぇ。だから今日、そういうミスがあったけどね。



同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : おぎやはぎ,東京03,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき
次の記事:おぎやはぎ小木、カーリング女子日本代表の会話にTVの前で「勝手に入っている」と妻に暴露される「俺の意見も言わせて」

前の記事:岡村隆史、ラジオでの発言は「苦言」ではないと主張「張本勲さんみたいなんを苦言と言います」