TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光「別居していた妻が帰ってきた」

伊集院光「別居していた妻が帰ってきた」

2012.05.26 (Sat)
2012年05月21日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、東北地方太平洋沖地震の影響で別居していた妻が帰ってきたことについて語っていた。

伊集院光「先週の木曜日かな。カミさんが、実家に行ってたんですけど、帰ってきて。元々、1年くらい様子をみようかと思ってたんだけど。そろそろ計画を立てて帰ろうか、そろそろ世の中も落ち着いてきたしなんつって、帰ろうとするとそのたびに、有感地震があって。『この手のことで犬も大騒ぎするし』みたいなのがきっかけだったしするので」

「カミさんが帰ってこようとすると、有感地震があってね。…今、1人で聴いてるリスナーがいたら口に出して言って欲しいんだけど。『これがホントの有閑マダム』ってちょっと言ってみて。…ゴメン、今、相当落ち込んでると思うんだ(笑)そんな寂しい夜、DJがついてるぜ!(笑)一旦、孤独と絶望を味あわせてから助けるっていう、新しいマッチポンプ式のDJなんですよ」

「昔、辻仁成さんが、僕が初めてDJをやってた頃に、それこそ月曜日の夜中に、それこそ格好良い、カッチョイイDJスタイルみたいなのをやってて。前口上みたいなので必ず『真夜中のサンダーロードで迷子になってる君、テディベアを抱きながら寂しがりやの君も、パパもママも分かってくれない話を…辻仁成のオールナイトニッポン』みたいなのをやってたんだけど、この、一旦、サンダーロードに導く役ね。一旦、サンダーロードで寂しくさせる(笑)そこに現れて『どうしたんだい?寂しいのかい?おじさんがついてるよ』っていう、現場に駆けつける放火魔だよね(笑)完全にね」

「カミさんが戻って来まして。犬と一緒に。また犬って適応能力がスゴイっていうか、一年何ヶ月くらいいなかったから、俺からすればどうなのって思ってたんだけど、昨日と同じ様なポジションにいて。それで、散歩とかどうかなって思って、家の周りのコースを行くと、右に行くと動物病院がある道は、同じように嫌がり、同じようなところで我慢ができなくなってクソをし、みたいな感じな犬の適応能力スゲェなって思って」

「あと、カミさんはカミさんで、カミさんの居る生活ってこんな感じだったなぁって思って。一番、適応し損なってのは俺くらいで。相変わらず、カミさん居ないで家に一人暮らししてるとさ、前だったら自分の部屋でしていた仕事も、手淫も、どこでものびのびやってたワケですよ。『ど~こで~も手淫』になるわけですよ。宣言だけどね、道具ではないから(笑)ドラえもんの、『僕はどこでも手淫をしますよ』って宣言ですけどね(笑)」

「エッチなブルーレイとかが、居間のジブリ作品とかカミさんの買ったヤツとかのある棚に入れてたのを、『あっ、忘れてた』みたいな(笑)感じで。そうなると、そのことしか頭にないから。カミさんと対面して飯を食ってるんだけど、ふっと俺の見ているところから棚が目に入ってると、こっち向きにはなってないんだけど、横に雑に積んでる中に、ブルーレイだけ青いパッケージだから、それこそ『藤井シェリーの3Dのやつじゃん』って、置きっぱなしで俺だけが困ってるっていう」

さらに、以下のように語っていた。

「カミさんのいる暮らしって、こんな感じだったなぁって思ったのは、今日の金環日食みたいなの、1人だったら絶対に行かないじゃん。基本、『金環日食とかで騒いでるんじゃねぇよ』ってなりますし、なんなの?もの凄い期待感煽ってて、ワイドショーとかで『残念ながら雨です』ってレポータを映す感じ。お前らが煽ったやつだから。雨のこともあるし、雨だって当然ありますよ。見えないことも当然あるのに、『明日は、金環日食を見えるところから、たくさん生中継しますからお楽しみに!』みたいのを言ってて、『明日、曇だったら変な空気になってますけど』みたいなことを言ってないじゃん、みたいな」

「『あいにくの曇り模様で、見えません』みたいなのが多くて、それを基本的にバッカじゃねぇ?って愚痴ってるのがいつもの僕の一人スタイルですけど、ウチのカミさんはそういうのノるんですけど、朝、いきなり叩き起こされて、『いくぞいくぞ』って。『金環日食見るぞ』って」

「『金環日食を見るサングラスも買ってあるから、行きたいんだけど、家の近くだったら、どこから見えるんだ?』みたいなことを言われて。カミさんもらって、唯一良かったって思うのはここかなってところは、デパートもディズニーランドも代官山も、1人だったら行かないんですよ。どうやったって行かないですけど、カミさんがやりたいのなら、それをやりたいカミさんを観察することに関してはやぶさかではございませんよ、くらいのトーンにさえなれば、豆すら撒ける(笑)」

「言うんなら行きましょうか、みたいになって。そうなると僕はマメですから、僕の家から今から金環日食に間に合う範囲でちゃんと見える穴場はどこかなっていうと、田端の駅の上の方は山の手で、田端の下の方は下町になってて、そこから急に崖になってるんです。崖の上から下町を見ると、その方向は北東に抜けがよくて、正直な話、高校とか行きたくない時期はそこに行って、『愚民ども!』って思ってたんですよ(笑)自分の家も見えてるんだよ?(笑)ちょっとした帝都大戦の嶋田久作気分で、焼け野原の電柱の上にすくっと立って、東京を見下ろしてる感じでね(笑)」

「一緒に行くと、案の定誰もいないわけ。路地みたいなところだから。それで、そこでって言ったら、カミさんの出してきた金環日食用のボール紙のメガネみたいなの見たら、パピヨンみたいなのよ。これ、俺以外だったら木の実ナナしかいないんじゃないかな、みたいな。俺の元々のキャッチフレーズがアジアのパピヨンで売ってきたからなのかもしれないけど、もう掛けると同時にそのBGMをかけるしかない感じの」

「ロボコップみたいな、何の飾りもないのもあるじゃん。あのロボコップみたいなだけのも恥ずかしいじゃん。普通の酒屋の親父があれしてると、ちょっとアンドロイドっぽいっていう(笑)未来社会みたいになってるヤツ。ちょっと恥ずかしいけど、誰もいないところでかざしてみたら、『もうちょっと欠けてるよ、ちょっと欠けてるよ!』って始まってるんだよ。しばらくして、『うわぁ、すげぇな始まってるんだ』ってなって。でも、巻きで、巻きでって思うじゃん」

「AVでいうところのインタビューのところじゃん。最初は、『そうなの?普通の奥様なの?…いや、仕込みでしょ?』って感じなんだけど(笑)日常生活のリアルなインタビュー、最初のうちは『これ本当の一般の主婦の方が、これから?』みたいに思うけど、途中で旦那の愚痴が長くなると、『もういいから…』ってなってサーチした感じで」

「はじめは見てたけど、途中、細くなってくところとか飽きてきて。飽きてきたなぁって思ったけど、カミさんからすると『大事なのはここからなんだから、ちゃんと見てないと』って言うから、強制的に見て。あれ、よくできてんなぁって思うのは、メガネかけると太陽の形だけ見えるんだよね。他は真っ暗だけど。でも、今日の東京って、たまに雲が通過するでしょ。晴れのち曇りみたいな微妙な天気だから、雲の時は太陽はちょっと薄まるだけど、スゲェ厚いのがきちゃうと、見えなくなっちゃう。でも、視界が真っ暗な中に太陽しかないから、『無くなった』って思って確認しようと思うと、ウワァ!ってなるように出来てるんだよね」

「あけてウワァ、あけてウワァ、を三回くらいやってたりして。しばらくほぼ強制的に見てたら、はと気づいてみたら、たぶん、俺がヤサグレるためだけに国が作っただけの道だと思うんだけど、それくらいの規模の道が、7時10分くらいに、ウワァってくらい人がいるわけ。そしたら、自分が急にパピヨンなことがまぁ恥ずかしくて。カミさんは、別にマスカレードパーティーで出会ってるから良いんだけど、この人達全員に『伊集院、パピヨンだぜ』って思われるのが恥ずかしくて、振り向けないんだよ。ただ面白いのは、振り向いたときに、今回の金環日食のみどころは、さまざまなおもしろサングラスを、普通の人がみんなしてることなんだよね(笑)」

「ネクタイをビシッとつけたサラリーマンなんだけど、博多名物の目のところだけついたお面みたいなのをやってたり。俺が一番デザイン的にイヤだったのが、アイマスクみたいな形に、ちょうど切手くらいしかあいてないヤツ。あれカッコ悪かったのね。バカボンのおまわりさんみたいな形で、ちょっとだけ黒いのがあるやつって、本当にバカボンのおまわりさんにしか見えないの(笑)サラリーマンでちゃんとネクタイした人がそんなんだったりとかね」

「かと思うと、高いやつだと思うんだけど、PSPくらいの大きさの楕円形で真っ黒、光沢があって。それで枠だけが白って、もうサイバー過ぎて。ステテコのオッサンとかがサイバーになってるわけ。もう、なんのために?っていう(笑)あのおじさんは、何のためにNASAが作ったんだろうかっていう(笑)」

「あと、問題になってた粗悪品で何度も『ウワァ』ってなってる(笑)何度もうわぁってなって人が何人もいるわけ。それで、金環日食が意地悪でさ。もう輪になったらすぐに帰りたいわけ。ずっと立ってて疲れちゃってるから。輪になるあたりで、雲がガンガン来だして。ちょうど輪になるところは見せませんよみたいな。ベテランストリッパーのやり方ですよ。ガサ入れの日をしっている、ベテランストリッパーの域ですよ。かといって客は引きつけたい、みたいな」

「そこに電話掛かってきて、なんだろうかと思ったらカミさんのお父さんから電話があって。『随分、長い間世話になったね。美香は金環日食見てるの?』みたいな話をしてきて。『今、見てますよ。お父さん、ああいうの興味ありますよね』みたいな話をして、早く切りたいんだけど(笑)」

「『それがねぇ。ネットの通販で見るメガネを頼んだんだけどね、2,000円くらいのを奮発して買ったんだけど、今日の夕方くるそうで…これ、どう思う?』つって。もううるせぇなぁテメェ、こっちは見てんだよ(笑)チラっとしか見えねぇって状況で見てんだよって(笑)『郵便事情もありますからね。東京ですとねぇ、早いんで』『東京を基準にね、ああいうネットの通販は"翌日に送ります"みたいに言ってるけど。たしかに、日付的には翌日だけれども、もう終わってるからね。見逃しちゃうよね』って。違ェよ、それはオヤジの手はずの問題じゃねぇの?って思ってんだけどね」

「こっちはやっと影が…みたいな感じになってるんだよ。周りではワァワァいって見えた見えたみたいなのやってんじゃん。それで俺がオヤジの電話を切ったら、分厚い雲(笑)『あれ?電波が、電波が…』って言って切ったら、分厚い雲。完全に金環の形では見れなかったんだよね。包茎矯正リングの形になったところをハメてないから、仮性包茎のまま。あれを包茎矯正リングに見立てるの流行ってるわけでしょ?あれに向けてチンチンをつき出すと、1週間以内に剥けるっていう、あの伝説のやつが全然できないまま。もう、無駄パピヨンですよ」と語っていた。

【関連記事】
伊集院光が語る「カフカ『変身』と不登校児の気持ち」

伊集院光「電気グルーヴ・石野卓球が語る音楽/ラジオDJ論」

伊集院光「声優・三ツ矢雄二にみるオネエ系タレントの掟」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力
次の記事:南キャン・山里「ボクシング終了後のしずちゃんの変化」

前の記事:有吉弘行が語る「太田プロに売れっ子芸人が出てこないワケ」