TOPおぎやはぎのメガネびいき ≫ おぎやはぎが語る「とんねるずの『買うシリーズ』の行く末」

おぎやはぎが語る「とんねるずの『買うシリーズ』の行く末」

2012.05.20 (Sun)
2012年05月17日放送の「おぎやはぎのメガネびいき」にて、『とんねるずのみなさんのおかげでした』の買うシリーズについて語られていた。

矢作「リスナーからのメールね。『タカトシ・タカさんの車を買わせるのは、ウワってなりました。正直、視聴者は100万円くらいでは驚かなくってきました』って」

小木「そういうもんなんだ」

矢作「観る方もエスカレートしていくのか」

小木「するよ。納得行かなくなっていくんだよ、とんねるず側も」

矢作「ああいうの、エスカレートしていった場合は、どうするんですか?テレビの製作者側は。なんでもそうだけど、罰ゲームとかもそうだけど、最初はビンタぐらいから始まって、どんどん過激になっていくでしょ?いつか止めなきゃいけないじゃない?」

鈴木工務店(構成作家)「終わらないですね」

矢作「リセットしないと。どうやってリセットするの?」

鈴木工務店(構成作家)「張本人がやられるしかないですね」

矢作「え?あぁ、いじめてる側が」

鈴木工務店(構成作家)「やらせてる側が、やられるしかないですね」

小木「それで終わりだよね。だいたいそうだよね」

矢作「その時期に来てるんじゃないの?」

鈴木工務店(構成作家)「でも、やらないので、ずっと終わらない」

矢作「はっはっはっ(笑)」

さらに、以下のように語っていた。

小木「ザキヤマとオークラが買うように仕向けられていって、被害者が増やされていくでしょ?」

矢作「新たな獲物を狙っていって…やらないよね。だって、やるのが見えないんだもん」

小木「見えないね」

矢作「まだノリさんはやると思うんだ」

小木「うん、まぁね」

矢作「ノリさんのほうが、まだ上手いことやっていけば、仕方ないな、みたいな感じで買うかもしれないけど、タカさんは絶対に買わないな」

小木「うん、絶対に買わないんじゃない?」

矢作「走って逃げていくとおもうんだ」

小木「はっはっはっ(笑)富士急がそうだったからね」

矢作「そうだよ。ジェットコースターだって乗らなかったんだから」

小木「罰ゲームで、負けた人が乗らなきゃいけないものを、あの人、逃げたもんね」

矢作「考えられないよ。だから、これは終わらなそうだね。まだ続くんだね」

小木「続くね」と語っていた。

【関連記事】
バナナマン・設楽「とんねるずの『買う』シリーズとカネの価値」

石橋貴明「相方・木梨憲武への思い」

石橋貴明が語る「バラエティ番組出演者のあるべき姿」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : おぎやはぎ,とんねるず,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき
次の記事:バナナマン・設楽が語る「とんねるずとの関係性」

前の記事:ナイナイ・岡村「芸能界のご意見番に仕立て上げられる」