TOP爆笑問題カーボーイ ≫ 爆笑問題が語る「早乙女太一と西山茉希の騒動」

爆笑問題が語る「早乙女太一と西山茉希の騒動」

2012.05.16 (Wed)
2012年05月15日放送の「爆笑問題カーボーイ」にて、早乙女太一と西山茉希の騒動について語っていた。

田中「早乙女太一と西山茉希が揉めたって」

太田「揉めたんでしょ?カッコ悪いな」

田中「酔っ払ってケンカして、追っかけていったところ、写真誌だか女性誌だかに見られてて」

太田「可哀想…(笑)」

田中「よくある夫婦とか恋人同士のケンカなんでしょうけどね。それでDVとか言われちゃって」

太田「DVとまで言われちゃうとね…」

田中「お宅の奥さんが、それに対してコメントしてましたよ。朝、ノンストップで。設楽のやつに」

太田「社長が?」

田中「社長が。パッとテレビつけたら、設楽がMCやってたんだけど、その隣に西尾が居て、良いツーショットだなって思ってさ。ラ・ママを思い出すみたいな。俺らにしたら」

太田「うん」

田中「3ショットになったら、社長が映って。そしたらこの報道やってて。それで社長が『分かるのよねぇ、彼の言ってること。私も、酔っ払ってケンカして"出ていく!"って言って。そうすると、ウチの主人が止めるの。そうすると、男だから力強くて、アザができるのよね』って」

太田「『この暴力亭主が!』って言われてね。近所中に聞こえるような声で叫ばれて、俺がオロオロしちゃったことあるんだから」

田中「うん(笑)」

太田「『ウチの亭主はDV!』って(笑)それをフライデーに撮られたら大変ですよ」

田中「『朝起きたら、アザがあるから、旦那に暴力振られたって勘違いしてしまうんだ』って言ってて。そこまでは、まぁ良いじゃないですか。なるほどって」

太田「その前に、飛び蹴りされてますけどね(笑)」

田中「『私は一切、手は出してない』って言ってたけどね(笑)」

太田「飛び蹴りされてますから」

さらに、以下のように語っていた。

田中「『私も、至近距離からライター投げられたりしたこともあるんで、分かるんですけど。ただ、私は一切、そんなことはしませんよ』と。だけど、旦那が止めたときに、男の人の力は強いのでって」

太田「男と女の力って、全然違うんですよ」

田中「そう。だから、アザができる、と。それで朝起きて覚えてないから、そういうふうに思う、と。それで『抑えるのもDVの一種よね』って最後の終わり方がよく分からなかったんだけどね(笑)」

太田「そうなんです。だから、抑えたほうが負けなんです」

田中「放っておけばいいんですかね?」

太田「そう、放っておくんです」

田中「ただ、酔っ払って叫ばれて出て行こうとする奥さんを、それは普通止めますよね」

太田「逆上するんですよ。落ち着かせるのは、放っておくしかないんです」

田中「心配でしょう」

太田「早乙女くんも若いから」

田中「めちゃくちゃ若いよね。まだ、20歳だから」

太田「色々ありますよ、それは男と女。夢芝居ですよ」

田中「おお!(笑)早乙女太一とも掛かってますね。大衆演劇だから」と語っていた。

【関連記事】
有吉弘行が語る「塩谷瞬の二股報道」

ナイナイ・岡村「塩谷瞬が叩かれ続けるのは個人事務所だから」

おぎやはぎ・小木「塩谷瞬を女性は責めるべきではない」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 爆笑問題,早乙女太一,西山茉希,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ
次の記事:南キャン・山里「相方・しずちゃんの五輪出場絶望について」

前の記事:ジャルジャルが語る「M-1での漫才への批判」