TOP爆笑問題カーボーイ ≫ 爆笑問題の太田が小倉をイジる 1つの理由

爆笑問題の太田が小倉をイジる 1つの理由

2007.10.31 (Wed)
2007年10月31日放送の「爆笑問題カーボーイ」にて、太田が意味深な発言をした。オープニングトークで、「特番が多くて大変である」という話になった。

その際、太田は「あれは…まいっちゃったなぁ…」と苦笑いするような言葉で始められた。その後、「俺の中の…なんて言うか、猛獣を押さえつけることが出来ないんですよ、ボクは。非常にもてあましています。自分自身を」と続けた。

このことは、詳しくは触れていなかったが、恐らく27日にオンエアされた『たけしの日本教育白書』の一幕についての発言であったと思われる。

具体的には、かねてよりカツラ装着の噂(一部では、講演にて自らバラしている、取って見せてもいるとの噂もある)がある小倉氏に対して、田中が「TV番組の仕事増えてますよね」といった趣旨の発言をしたところ、太田が「髪の毛が?」と発言した件ではないか。

太田は、「本当にしつけられない…放し飼いになってしまう。本当にキライです。自分が。申し訳ない、本当に申し訳ない」と、反省している様子だった。

田中は、「やると思った」と、いつものことだ、といった反応だった。

さらに太田は、「常に猛獣が出てくる恐れがある。それをいかに抑えるかが自分のテーマ」と締めくくっていた。事実上の反省や謝罪表明のようなコメントが目立った。

太田が小倉(とくに頭のこと)をイジるのは、どうやら衝動的なもの、ということのようだ。

同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ
次の記事:雨上がり決死隊 1日で4校の学園祭を回る

前の記事:伊集院光 岡田斗司夫が嫌いな5つの理由