TOPやりすぎコージー ≫ 宇都宮まきが「最近イライラする」こと

宇都宮まきが「最近イライラする」こと

2008.05.04 (Sun)
2008年05月04日放送の「やりすぎコージー」に、宇都宮まきが出演していた。

宇都宮まきといえば、家が貧しいため、数々の極貧エピソードを持つことで有名。メッセンジャーあいはらが“昭和の黒田、平成の宇都宮”と表現したほどの家庭環境であった。

父親は、デパートの地下にある飲食コーナー(お好み焼きやアイスを売るような)で店長をしていたが、バイトの高校生に「アイスクリームの巻き方が変」といじめられて辞めてしまった。ちなみに、一度は別のデパートに転属したが、また高校生にいじめられたという。寝言で「次はちゃんと巻きます」とうなされていたという。

結果、退職してからはニート。そのため、卒業後は宇都宮まきが生計を支えている。芸人になったきっかけは、母親の知り合いの知り合いの知り合いが、Wヤングの平川と知人だったこと。その縁故により芸人になった。

だが、もともとは人前に出ることは苦手であり、自ら望んで芸人になった、という訳ではなさそうだ。

そんな彼女が、最近イライラとすることがあるのだという。それは、彼女の収入が上がってきて、家族が贅沢をし始めたことなのだという。

「夕飯はだいたい芋類だったのに、最近は毎回、白米が食卓に並ぶようになった。その上、おかわりとかをしている。それに、トイレットペーパーも昔は決まった量を使っていたのに、ガラガラと音を立てて使っている。それが腹が立つ。でも、気にするタイプなので、どうしたら傷つけないでそのことを伝えられるか…」と悩んでいるようだ。

【関連記事】
やりすぎコージー トーク集

和製ビヨンセ「渡辺直美」のバイト時代


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  やりすぎコージー
次の記事:加藤浩次 エレカシのライブで川上未映子に会う

前の記事:和製ビヨンセ「渡辺直美」のバイト時代