TOPおぎやはぎのメガネびいき ≫ おぎやはぎが語る「芸能界におけるステマ」

おぎやはぎが語る「芸能界におけるステマ」

2012.03.10 (Sat)
2012年03月08日放送の「おぎやはぎのメガネびいき」にて、ステルスマーケティング(ステマ)について語っていた。

矢作「ステマって知ってる?ステルスマーケティング。芸能人のブログとかで、女優さんとかタレントさんが美顔器、化粧水とかを『すごい良い』とかって言うんだよ」

小木「はい、はい」

矢作「あたかも自分で使って良い、とかって言ってるかのように」

小木「うん」

矢作「自分で使ってオススメって言ってるかのようにみせてるけど、実は宣伝だったっていう」

小木「あぁ~、はいはい」

矢作「この前、『魔法少女 まどか☆マギカ』が良いって紹介してたけど、それを『ステマじゃね?』って言われてたんだって。まどか☆マギカをあんなに推すから、ステマじゃねえかって」

小木「俺らが?」

矢作「そう」

小木「なるほど」

矢作「ラジオで勝手にやったことなんだけど、『ホントはまどか☆マギカ側から頼まれてやってんじゃねぇか』ってことよ」

小木「あぁ」

矢作「プライベートで勝手にハマってるって言ってるけど、実は企業から金をもらってるんじゃないかっていう」

小木「見え透いた宣伝はしないんだね?ただ単に、こっちがハマって面白かったって言ってるけど…っていうのがステマなんだ」

矢作「そう。実際は裏でお金もらってるっていう。俺らは1円ももらってないじゃん」

小木「なんか欲しくなってきたな。ステマ扱いされてさ」

矢作「そうだな」

小木「ネットでいろいろやってるやつでしょ?あれ、もの凄い金額もらってるって聞いたよ」

矢作「ホントなの?」

小木「ここで言えないくらいの金額だよ」

矢作「ホント?でも、小木の情報って、たいてい下世話な雑誌から仕入れた情報じゃん」

小木「これはちゃんと人づてに聞いたよ。それで生活してるって」

矢作「マジで?はぁ~」

小木「もう、ン百万円ですよ」

矢作「それは無いよ」

小木「いやいや」

矢作「そんなに貰えるわけないよ」

小木「ちょっと名がある人だったら、もうン百万」

さらに、以下のように語っていた。

矢作「だってさ…たとえば一番すごかった時のエビちゃん。蛯原友里」

小木「はい」

矢作「エビちゃんが着た服は全部売れたって時代があったわけよ」

小木「キムタクもそうだったよね。着るとすぐに売り切れちゃうんだって?」

矢作「そう。それほどのカリスマの人が自分のブログとかで『私、これお気に入りです。ファッションアイテム』とかって言えば、売れるじゃん。それは分かる。でも、そこまでの人はそんなことする必要ないじゃん。稼いでるんだから」

小木「まぁね」

矢作「でも、中途半端なタレントが『今、これハマってます』って言ったところで、大した宣伝にならないでしょ?」

小木「うん」

矢作「おしゃれなイメージもない人が、『これハマってます』って言って、そんなに影響力あるの?そんな人に何百万円も払う意味がないよ」

小木「俺が聞いた人は、中途半端な人だったよ」

矢作「フッフフ(笑)」

小木「でも、月に200とか…」

矢作「いや、嘘だよ。メーカーの人が払わないよ。そんな中途半端な人に200万円払うほど、売れないよ」

小木「会ったことはないから分からないけど、人づてに聞くと、中途半端な人だから、芸能界では全然もらえてないの。収入が」

矢作「でしょ?だからやるんでしょ?」

小木「でも、それをやってるおかげで、家賃が80万円とか…」

矢作「だから、芸能界で食っていけないくらいの人が、何かを宣伝したところで、影響力がないでしょ?」

小木「でも、実際、80万円とかの家賃で住んでるんだよ?それしかやってないの」

矢作「それ、男?女?」

小木「女」

矢作「それ、体売ってるよ」

小木「売ってない。売れる人じゃないよ」

矢作「ハッハッハ(笑)そんなにお金払って、採算取れる?」

小木「売り上げがあって、その売り上げがタレントの影響してるって分からないじゃん」

矢作「ホームページとかが書いてあって、そこに飛べるようになってるんだよね」

小木「あぁ…それ完全に宣伝じゃん」

矢作「それで分かるんじゃないの?…俺、信じられないよ。だって、芸人なって17年、18年くらい。周りにも芸人がいっぱいいて、ザキヤマだ、有田さんだって。同じ20年選手が。でも、聞いたことないよ」

小木「あんま芸人って手を出さないでしょ?」

矢作「手を出さないも何も、来て断ってるんじゃなくて、依頼されてもいないから」

小木「依頼はね、されないんだって。自分からやるんだって」

矢作「だって、俺らにメガネの話きてもいいだろ。『俺ら、ここでメガネ買ってます』とか」

小木「でも、それは自分から何かやらないと。依頼は全くこないんだって」

矢作「そうなの?依頼も無いようなヤツに、『ステマやらせてください』って言って、200万円も払うのか?(笑)」

小木「フッフフ(笑)」

矢作「企業がどうしてもやらせてくださいって言うんなら、200万円もわかるけど」と語っていた。

【関連記事】
伊集院光「先走りしすぎるamazonに不安」

伊集院光「ブログやTwitterでのステルス・マーケティング」

伊集院光が語る 「芸能界におけるマーケティング理論」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : おぎやはぎ,ステルスマーケティング,ステマ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき
次の記事:有吉弘行「『ヒルナンデス!』であらぬ噂を招いたケガ」

前の記事:ナイナイ・岡村「成熟していない日本アカデミー賞」