TOP伊集院光とらじおと ≫ 秋元康、伊集院光を『ラストアイドル』のMCに起用したのは「ガチでやりたかったから」と明かす「ヤラセならラジオで言うでしょ」

秋元康、伊集院光を『ラストアイドル』のMCに起用したのは「ガチでやりたかったから」と明かす「ヤラセならラジオで言うでしょ」

2017.12.16 (Sat)
2017年12月13日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、秋元康がゲスト出演し、テレビ朝日系の番組『ラストアイドル』で伊集院光をMCに起用した理由を「ガチでやりたかったから」などと語っていた。

AKB48の戦略! 秋元康の仕事術
AKB48の戦略! 秋元康の仕事術 (田原総一朗責任編集)

秋元康:僕は、伊集院さんがラジオの世界があって。その人が、ブレない感じでも、どっちに寄るわけでもなく『ラストアイドル』のMCをやっていただいたら面白いんじゃないかなって思ったんです。

伊集院光:ああ。

秋元康:逆に言うと、伊集院さんの方でも、「自分がこういう番組でMCやることを望んでないんじゃないか?」とかそういうことは考えないんですか?

伊集院光:考えましたし、もっと言うと、「お前、秋元の軍門に下るのか?」ってことだから。

秋元康:ふふ(笑)

伊集院光:僕は、AKB現象としてCD売れ過ぎてる時に、本当にラジオでは「あれはない」って批判をしてた方だから。

秋元康:うん。

伊集院光:ただ、「秋元康、どうするのか見てきたい」ってなった時に、ぶっちゃけると、やらせがあるなら「僕はそれはイヤです」って言おうと思うし、途中で降りたっていいんだって思ってた。

秋元康:うん。

伊集院光:だけど、この人が受かった時のパターンの台本はこれ、この人が落ちた時の台本はこれ、みたいな進行表のバリエーションの多さから、本番直前になって「さっきの見てたら怖くなっちゃったんで、チャレンジする人変えます」って人が出てきたりとか。

秋元康:うん。

伊集院光:そうなった時に、「ガチで挑まなきゃ」って。僕、だから『ラストアイドル』の子たちと、ほとんど口をきいたことないんですよ。

秋元康:うん。

伊集院光:中立でいないと。

秋元康:そうね(笑)どうしても伊集院さんにやっていただきたいと思ったのは、とにかくフェアで、ガチでやりたかったんですよ。だって、「伊集院さん、流れ的にこの人を勝たせたいんですよ」って言ったら、絶対ラジオで言うだろうし(笑)

伊集院光:そうですよ。

秋元康:「それ見たか」ってなるでしょ。だから、全くないんですよね、そういうことが。

関連記事


伊集院光、秋元康が『ラストアイドル』第一回目のリハーサルでいきなりシステムを変えだしたと明かす「残酷過ぎるから」

秋元康、アイドルプロデュースは「デッサン」のように軌道修正しながら描いていくものだと語る「一本の線では綺麗に描けない」

伊集院光、秋元康が『ラストアイドル』で骨折した間島和奏のために急遽MV撮影現場で「歌詞を変えていた」と明かす

秋元康、多数決の合議制では尖ったアイドルは生まれないと語る「アイドルの最大公約数を煮詰めたら指原莉乃は生まれない」

秋元康、AKB総選挙での須藤凛々花の「結婚宣言」は本人と運営側に委ねたと告白「どっちでもいいよ、本人と決めなさい」

秋元康、AKB48は地下アイドルから国民的アイドルになることで「歪みが生じるようになった」と告白

秋元康、AKB48劇場で「一番盛り上げてくれたお客様をMVPに」との企画が大不評だった理由「パフォーマンスだけが応援じゃない」

秋元康、指原莉乃は当初センター曲『恋するフォーチュンクッキー』のことが「大嫌いだった」と明かす


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,秋元康,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと
次の記事:秋元康、AKB総選挙も事前に集計結果を見ずに「ファンと一緒にドキドキ」しながら発表を楽しんでいると告白

前の記事:秋元康、指原莉乃は当初センター曲『恋するフォーチュンクッキー』のことが「大嫌いだった」と明かす