TOPナイナイのANN/岡村隆史のANN ≫ 岡村隆史、M-1で上沼恵美子から「公開説教」されたマヂカルラブリーも「めちゃくちゃオモロかった」と発言

岡村隆史、M-1で上沼恵美子から「公開説教」されたマヂカルラブリーも「めちゃくちゃオモロかった」と発言

2017.12.08 (Fri)
2017年12月7日放送のニッポン放送のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が、M-1グランプリ2017決勝で、審査員の上沼恵美子から「公開説教」されたマヂカルラブリーも「めちゃくちゃオモロかった」と語っていた。

ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.6
ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.6 (ヨシモトブックス) (ワニムックシリーズ 207)

岡村隆史:面白かったですね、M-1今年。本当に、全コンビの方々、全員面白かったですね。結果ね、とろサーモンが優勝ということになりましたですけど、どのコンビも全部面白かった。

マヂカルラブリーもね、上沼(恵美子)さんにボコボコいかれましたけど、僕、家で1人で見てたんですけど、めちゃくちゃオモロかったんですよ(笑)上沼さんが公開説教っていうのもありましたけど、普通にめっちゃオモロかって。

でも、恐らくああいう並びの中で、マヂカルラブリーみたいな漫才する人は、多分、いるんですよ。全体の決勝進出者の中で、ああいう形の漫才も一組は入ってこないといけないと思う。同じような漫才さんばっかりでも決勝、面白くなくなりますし。

そういうことから考えると、今回は物凄いバランスと言いますか、色んな漫才、見させてもらったなぁっていうふうに思ってるんですけど。

関連記事


博多大吉、M-1決勝最下位のマヂカルラブリーに言及「上沼恵美子さんとの絡みがなかったら、芸人として終わってた」

博多大吉、カミナリのM-1決勝でのネタは「出来がよくなかった」と辛口評価「間が違った」

博多大吉、ゆにばーすがM-1決勝の舞台で『翼の折れたエンジェル』ネタを長尺で取り入れたことに「度肝を抜かれた」と告白

博多大吉、M-1決勝戦での審査で「各コンビの点差があまりない」との批判に反論「昔のM-1と今、違うんですよ」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 岡村隆史,M-1,マヂカルラブリー,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN/岡村隆史のANN
次の記事:岡村隆史、ジャルジャル福徳がM-1決勝でファイナルに残れず「物凄く悔しがってた」理由を明かす「ここまでやっても…」

前の記事:博多大吉、M-1決勝最下位のマヂカルラブリーに言及「上沼恵美子さんとの絡みがなかったら、芸人として終わってた」