TOP山里亮太の不毛な議論 ≫ 山里亮太、M-1敗者復活戦の会場に向かうまでの電車内で「リスナーからの温かいツイート」に泣き出してしまったと告白

山里亮太、M-1敗者復活戦の会場に向かうまでの電車内で「リスナーからの温かいツイート」に泣き出してしまったと告白

2017.12.07 (Thu)
2017年12月6日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、M-1グランプリ2017の敗者復活戦会場へと向かうまでの電車内で、リスナーからの温かいツイートに思わず泣き出してしまったと告白していた。

もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─
もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─ 5枚組(本編4枚+特典1枚) [DVD]

山里亮太:これ聴いてくれてるリスナーのほとんどがそれ自分で思い当たることあると思うんだけど。当日、俺のこと泣かそうとしてたろ、ツイッターで。初めて僕たち南海キャンディーズのコンビ組んでM-1出た時の写真を貼っ付けたりね。

で、すげぇ優しいのよ、もう。「僕たちは知ってます。南海キャンディーズがなんと言われようと、時間のない中で頑張って」とかっていう、すげぇ温かい言葉がいっぱいくるの、ツイッターに。

会場が六本木ですから、家から大江戸線に乗って見てたわけですよ、ケータイ。その日も結構ハードなスケジュールで。僕は前日大阪でライブやって。で、始発で帰ってきて、一回、家に帰って風呂なり入ってね、身支度整えて、スーツ持って、衣装持って大江戸線乗ったわけ。

東中野出て、新宿も超えて、青山一丁目っていう六本木の一個手前で涙腺が崩壊し、泣いてしまって。前にね、いらっしゃった…あの人に似てたんだよな。海外の方なんだけど、イゴール・ボブチャンチンそっくりな。ロシア系の方なのかな。ずーっとこっち見てね、

どうしていいかわからなかったんだろうね。40の俺に対して、ずっとイゴール・ボブチャンチンが「いないないばぁ」をするというですね。なぜか僕をあやそうとするっていうことが起きまして。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 山里亮太,M-1,M-1グランプリ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論
次の記事:山里亮太、M-1敗者復活戦の当日は「緊張で朝から食事が喉を通らなかった」と告白「ずーっとメシ食えない状況」

前の記事:山里亮太、「M-1最後の年」を終えて感謝の言葉「南海キャンディーズはM-1に作ってもらった」