TOP爆笑問題カーボーイ ≫ 爆笑問題・太田、初対面の立川談志を怒らせてしまった過去について語る「怖いって思った」

爆笑問題・太田、初対面の立川談志を怒らせてしまった過去について語る「怖いって思った」

2017.11.22 (Wed)
2017年11月21日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、初対面の立川談志を怒らせてしまった過去について語っていた。

JUNK 爆笑問題カーボーイ
JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]

太田光:(立川談志は)難しい人だったね、本当に。

田中裕二:うん。

太田光:でも、優しい。底抜けに優しい。

田中裕二:うん、優しい。一回も結局、怒られてはないからね。

太田光:俺はね、一回、宮でね…俺は、談志師匠の前に座らされて、打ち上げで。

田中裕二:ああ。「つまんねぇのか?」みたいなことを言われたんでしょ?

太田光:そう、そう。俺も、まだ最初の頃だから、談志師匠ともそんなに話せないし。

田中裕二:うん。

太田光:ただ、「前に座れ」って言われて、難しい話してんだよ、談志師匠が。

田中裕二:してたね。

太田光:昔の歌謡曲の話とか。

田中裕二:うん。

太田光:映画の話とか。まぁ、とにかくあの人は知らないことないですから。

田中裕二:うん。

太田光:漫画の話、手塚先生の話。ダ・ヴィンチの話とか、色んな。「お前、アレ見たか?ロビッチは?」とかってさ。「いや、まだ見てないんですけど」って、当時ね。そっからすぐ見ましたよ。

田中裕二:うん。

太田光:「ああ、そうか」って。他の人も話してて、俺も全然話わかんないし、どうしようかなぁって思いながら、「はい、はい」って頷いて、相槌だけしてたら、「あのな、ここで話してることは、お前が何か本意でなくてここにいるということの時間が、お前にとってことが有効でないということをお前が思っているとするならば、俺の前にいることは、これは俺に対しての失礼ということになるからば。ということは、お前がそうならば、別にお前はここにいることはねぇんだ」って。

田中裕二:ふふ(笑)

太田光:「そんなことありません!」って。

田中裕二:はっはっはっ(笑)

太田光:「すみません、すみません」「帰ってもいいぞ、別に」「いえ、勉強になる話を、ありがとうございます」「…まぁ、いいけど」って。また、話が始まるんだよ。

田中裕二:俺は、もうゲーゲー吐いたりなんだりで、気持ち悪くてそれどころじゃない頃だと思うよ。

太田光:じゃあ、初めて会った時だ。

田中裕二:多分、その時だね。

太田光:じゃあ、その時だな。

田中裕二:宮だもんね。

太田光:あの時は、「ああ…」って思ったね。「ああ、怖い!」って思った。「怒らせちゃったかな、粗相しちゃったかな」って思ったね。

田中裕二:でも、ほとんど…

太田光:総じて、その後は。高田文夫先生も色々フォローしてもらって。俺らには優しくしてくれたね。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 爆笑問題,太田光,立川談志,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ
次の記事:爆笑問題・太田、立川談志が最高な出来の落語「芝浜」を演じた後に放った一言に驚いた過去「いやぁ、死にたい」

前の記事:爆笑問題・太田、立川談志をTBSの守衛が止めて「ヒヤヒヤした」過去を告白「なんで談志を止めちゃうかなぁ」