TOP未分類 ≫ カップヌードルでお馴染みの日清とは、どんな会社?

カップヌードルでお馴染みの日清とは、どんな会社?

2008.03.31 (Mon)
2008年03月31日放送の「カンブリア宮殿」にて、日清食品の特集が行われていた。

1958(昭和33)年、日清食品創業者・安藤百福氏が自宅に作った3坪の研究小屋から世界初の即席麺『チキンラーメン』が生まれた。事業に失敗し、まさに再起を懸けた執念から、チキンラーメンは開発された。世界初のインスタントラーメンの誕生である。

その13年後、世界初のカップ麺「カップヌードル」が発売された。百福氏は、アメリカにチキンラーメンを売り込みに行った際、スーパーの仕入れ担当者が紙コップにチキンラーメンを入れ、フォークで食べるのを見て着想を得た。その後、5年の開発研究を経てカップヌードルは発売された。

以来、カップヌードルは、国内販売ナンバーワンの座を37年間守り続けている。だが、現社長の安藤宏基氏は、それに満足しない。「現状に満足してはならない」ということを強く語っていた。

それが最も現れていることに、ブランドマネージャー制度がある。これは、自社商品を9つのブランドに分け(カップヌードル、どん兵衛、焼きそばUFO、スパ王など)、互いに競わせている。カップヌードルもその例外ではない。「打倒!カップヌードル」をモットーに、他ブランドが攻勢を掛けてくる中、必死にそのブランド価値を高めようとしている。ブランドマネージャー同士はライバルであり、情報交換もない。新商品を知るのは、月一回の商品プレゼン会議だけだという。

ブランドマネージャーは、3~4人という少人数で構成されている。安藤宏基社長は、「大人数だと、誰もやっきになって開発しようなどとしない。会議では、責任の所在をハッキリさせる。損失を出した人も、大きな利益を出した人も個人名で明らかにしている」と、その少人数制の意味を語っていた。

「自社内競争がなければ、他社に潰されてしまう。社内で競う、というのは絶対に必要だ。そのためには、自社ブランドのカニバリゼーション(共食い)があってもいい」と安藤宏基社長は語っていた。他社との競争に勝つためには、自社内での競争がまず必要である、ということのようだ。

【関連記事】
経済ニュースのまとめ

「モバゲータウン」を運営するDeNAって、どんな会社?


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  未分類
次の記事:加藤浩次 「深夜、香織が急にベッドに入ってきた」

前の記事:加藤浩次 食卓にカレーが出なくなったワケ