TOPバナナマンのバナナムーン ≫ バナナマン「ラブレターズのキングオブコント後の影響」

バナナマン「ラブレターズのキングオブコント後の影響」

2011.10.02 (Sun)
2011年09月30日放送の「バナナマンのバナナムーンGOLD」にて、キングオブコント2011 決勝に進出したラブレターズ(塚本直毅、溜口佑太朗)がゲスト出演していた。そこで、キングオブコント後の影響について語られていた。

設楽「キングオブコントに出て、反響あった?」

日村「あるでしょう、ヤバイでしょう」

塚本「反響、結構ありましたね。ヤバイですね」

設楽「そうでしょう」

塚本「僕ら、1本目が卒業式のラップのネタだったんですよ。そしたら、Zeebraさんがtwitterやられてるんですけど、Zeebraさんってヒップホップ界の重鎮じゃないですか」

設楽「うん、うん。知ってる」

塚本「Zeebraさんが褒めてくださって。ファンの方から『褒めてらっしゃいますよ』って教えていただいて」

設楽「うん、うん」

塚本「僕もtwitterやってて、ちょっと引用してるところもあったので、ご挨拶して」

溜口「パロディ的なところもあったので」

塚本「それで、お礼したところ、『面白かったよ』って言ってくださって。そこから、僕のフォロワーになっていただいて。そこから、ゴリゴリのB-boyの方々が、300人くらい僕の方に流れて来て」

設楽「すごいね」

溜口「それで、来月くらいにヒップホップのイベントに、僕らゲストで呼んでいただいて」

さらに、以下のように語っていた。

設楽「仕事として、オファーが来たの?」

日村「ネタをやりにいくの?」

塚本「仕事として、ゴリゴリのヒップホッパーがいるところに、ネタをやりに行くんです(笑)」

日村「あの校歌のネタを?」

溜口「はい、あの校歌のネタを」

設楽「じゃあ、他の仕事のオファーも来てるの?」

塚本「今のところは、無いですね」

設楽「あぁ、そう。ホント?」

塚本「ライブと営業がありまして」

設楽「あれ出たから、今後、また反響あるかもよ」

溜口「二本目のネタは、あまり点数も高くなくて、評判もあまり良くなくて、評価が得られなかったんですけど」

塚本「よく分からないって言われて」

溜口「バナナマンさんが評価してくださったお陰で、『あのネタ良かったね』みたいな感じに評価されて(笑)」

塚本「僕的には、OKです。ネット上で、そっちの方が多くなって」

設楽「1本目見れなくて、2本目から見たの。それでその後見て、1本目も見て。1本目だと、鬼ヶ島の方が面白かったかな」

塚本 & 溜口「え?」

設楽「じゃあ、おしらせです」

塚本「おしらせにいくんですか…」と語っていた。

【関連記事】
伊集院光「キングオブコント2011の感想」

伊集院光「キングオブコントの審査システムはよく出来てる」

バナナマン・設楽が語る「キングオブコント2011の感想」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : キングオブコント,バナナマン,ラブレターズ,塚本直毅,溜口佑太朗,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  バナナマンのバナナムーン
次の記事:キングオブコント2011の芸人たちの感想

前の記事:オードリー・若林「ブレイク前後でのオードリーの違い」