TOP極楽とんぼ オレたちちょこっとやってまーす! ≫ 加藤浩次、関西出身でもないのに関西弁でツッコむのは「絶対にしちゃいけない」と思っていたと明かす「超お寒いですよ」

加藤浩次、関西出身でもないのに関西弁でツッコむのは「絶対にしちゃいけない」と思っていたと明かす「超お寒いですよ」

2017.06.25 (Sun)
2017年6月24日放送のMBSラジオのラジオ番組『極楽とんぼ オレたちちょこっとやってまーす!』(毎週土 25:20-25:50)にて、お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次が、関西出身でもないのに、関西弁でツッコむのは「絶対にしちゃいけない」と思っていたと明かしていた。

この差って何ですか?


加藤浩次:俺がさ、北海道から東京に上京してきて、関西の芸人さんの漫才やコント見てさ、「なんでやねん」とか使いだしたら、超お寒いですよ、これは。

山本圭壱:まぁね。

加藤浩次:俺はだから若手の時に、「これは絶対にやっちゃいけない」って思ってたの。

山本圭壱:うん。だから、あなたやりませんでしたもんね。

加藤浩次:うん。難しいのさ、やっぱりその言葉っていうのは。だから、言ったら爆笑さんの田中さんとかね。

山本圭壱:うん。

加藤浩次:漫才やってるけど。キャイ~ンの天野君とかね、関東のパターンを作ってるっていうのは、凄いと思うの。

山本圭壱:ああ。

加藤浩次:その言葉ではなく、関東の言葉でやんわりと。田中さんとかは、結構、声で強めにいったりするんだけど。

山本圭壱:ああ、そうか。

加藤浩次:それはね、絶対にしちゃいけないことだと思ってたの。

山本圭壱:ああ。

加藤浩次:それは触れちゃいけないなっていうのがあったんだよね。

山本圭壱:今で言ったら、オードリーとかあるでしょ。

加藤浩次:若林君とかな。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 加藤浩次,山本圭壱,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼ オレたちちょこっとやってまーす!
次の記事:加藤浩次、後輩芸人に電話番号を訊かれて「TIMゴルゴさんの番号を教えていた」過去「劇団ひとりが電話した」

前の記事:明石家さんま、佐保明梨が武道館での氷柱割りを行う際「骨折した時のために痛み止めを用意した」ことに驚く