TOP山里亮太の不毛な議論 ≫ 南キャン・山里が語る「芸人報道での中山功太の嘘トーク」

南キャン・山里が語る「芸人報道での中山功太の嘘トーク」

2011.07.21 (Thu)
2011年07月20日放送の「山里亮太の不毛な議論」にて、中山功太が「芸人報道」で同期・南海キャンディーズ・山里にまつわる嘘の話をしていた、と明らかにしていた。

この話とは、山里が恩義ある先輩、千鳥・大悟の奥さんの胸を、酔っているのを良いことに揉みし抱いたとのことだった。このことは、全くの事実無根であると山里は訴えていた。

山里「芸人報道っていう、雨上がりさんがやってる番組があるんだけど、中山功太が言ってたらしいのよ。俺が先輩の奥さんを、酔っぱらってる奥さんを連れ出して、乳を揉んでた、みたいなことをね、言ってたのよ。芸人報道で」

「これね、違うのよ。芸人がエピソード喋ったことにね、色々言うのは、タブーとまではいかないまでも、あまりないことなのよ。でもね、これだけはハッキリ言わせてもらうけど。盛ることに関しては良いんだけど、嘘はイカンよ」

「『うわぁ、山里そんなこと言って…』って思うかもしれない。私はね、この放送を聞いてても分かるとおり、クズ山ゲス夫でございますよ。クズ山ゲス夫ですから、この言葉に説得力は無いかもしれないけど、一つだけ言いたいのよ。やってないのよ」

「『言ってやんなよ』って思うかもしれないけど、1個だけ言わせて。これを言いたくなった理由を一つ挙げるなら、千鳥の大悟さんって人は、僕にとってメチャクチャ尊敬している人なのよ」

「俺らが全く売れてなかった頃から、大悟さん自身もそんなに仕事無かった頃ですよ。『今日は、金入ったから寿司や!』って言って、連れて行ってもらって。それで、『ちょっと金下ろしてくるわ』って言って、消費者金融に入っていって、飯を食わせてくれるような、恩義ある人なのよ」

さらに、以下のように語っていた。

「俺が芸人を辞めるって言ったときも、自分のトークライブを俺のために変えてくれるような、スゲェ恩義ある人なのよ。奥さんも、二人が付き合うきっかけの時に居合わせたりして、メチャクチャ仲良いというか、二人が幸せになってくれることが嬉しいって人なのよ。その人に対して、そういうことはしませんよ」

「正直、胸を触りたい衝動はスゴイよ。色んな人に対して。でも、その不義理はしないよ。だから、放送を観たとき、『待ってくれ』と。芸人が、エピソードトークに『それ嘘だ』ってツッコミは、いけないと思うのよ。でも、それはダメだよ。その嘘は止めてくれ、と」

「俺がその場に居れば良いのよ。居ない状況でそういう人の悪口を…あれ、同じことしてる!俺、同じことしてる!俺、駄目なヤツだ(笑)…でも、これだけはやってない。『そんなこと言って、触ってるんだろ?』って言うかもしれないけどね。オッパイを触りたいと思うことはあっても、大悟さんの奥さんの胸を触るって、そこまで人間堕ちてないのよ」

「リスナーじゃない人は、そのまま誤解されてても良いよ。でも、このリスナーだけは信じて!そこは信じて。そこまで人間堕ちてないよ。これだけは言いたかったの。情けないのは分かってるんだけどね。…これ以上言うと、必死だなって思われるから止めるけど(笑)」と語っていた。

人はなぜウソをつくのか?
人はなぜウソをつくのか?斉藤 勇

毎日新聞社 2004-11
売り上げランキング : 241920


Amazonで詳しく見る


【関連記事】
南キャン・山里が語る「品川庄司・品川を嫌いな理由」

有吉弘行が語る「品川 vs 山里の対立問題」

南キャン・山里が語る「伊集院光からの謝罪メール」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 山里亮太,中山功太,芸人報道,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論
次の記事:ナイナイ・岡村「六本木でコワイ人に絡まれる」

前の記事:爆笑問題が語る「原田芳雄の訃報」