TOPおぎやはぎのメガネびいき ≫ ザキヤマ・おぎやはぎが語る「ダメな芸人の特徴」

ザキヤマ・おぎやはぎが語る「ダメな芸人の特徴」

2011.06.18 (Sat)
2011年06月17日放送の「おぎやはぎのメガネびいき」にて、アンタッチャブル・山崎弘也がゲスト出演していた。そこで、ダメな芸人の特徴について語られていた。

話の発端は、今回のスペシャルウィークでの企画『リポーター質問ぶっこみ対決!』だった。この企画は、芸能レポーターのように、熱愛報道などについて切り込んだ質問をする、というものである。例示として、ラジオ内では、志村けんとの熱愛報道がなされていた、みひろに『どんなおじさんが好きですか?』といったものが挙げられていた。

矢作「こういったものがあって。こういったことは出来るでしょ?」

山崎「まぁまぁ。昔の自分を見ているようですよ。昔の自分をみているような質問の流れですね、まだ。若い頃の」

矢作「まだ、ぶっこみ方が雑だった時の?」

山崎「そうそうそう。まだそういう頃があったからね。荒ぶっこみっていうの?荒いから」

矢作「自分の用意してきた話があるじゃない?」

山崎「うん」

矢作「トーク番組に出てるときに。そういうとき、その話に持って行きたいからってさ、強引にもってくんだよ(笑)」

山崎「そうそうそう」

矢作「あれが、まぁウケないもんね。急に話の流れが変わっちゃうから」

山崎「同じ色だと思っているけど、全然違う色なんだよね」

小木「そうそう」

矢作「分かる」

山崎「だから、みんなビックリしちゃうんだよね。『どうした、急に』って」

矢作「そうそう」

山崎「どうした急に感が出ちゃうと、マズイのよ」

さらに、以下のように語っていた。

矢作「用意してた話ね。この前、アメトーークに一緒に出たとき、アンジャッシュの児嶋さんがやってた(笑)」

山崎「ああ。児嶋さんって、いつもやってるから」

矢作「はっはっは(笑)」

小木「強引に自分の持って来た話ばっかりするからね」

矢作「絶対に、自分が持って来た話を公開したいんだよ」

山崎「そういう人って、それまでスゴイ静かじゃん」

矢作「そうそう」

山崎「それまでもウルさくてそれをやるんじゃなくて、それまでは意外と静かで考えちゃってるから」

小木「それしか言うつもりないからね」

矢作「そうそう」

山崎「それまでが、変な顔になってるんだよね」

矢作「はっはっは(笑)」

山崎「俺らも、自分で『これ話さないと、これ話さないと』ってなると、前の余裕がないから、他人の話を聞いてないのよ。リアルに」

矢作「そうだね」

山崎「児嶋さんって、そんな感じだったでしょ?」

矢作「だったの。それを思いだしましたけど」

山崎「児嶋さんはね、言ったってまだ芸歴が…」

矢作「一番長ぇよ(笑)」

山崎「はっはっは(笑)」

矢作「20年くらいやってるよ(笑)」と語っていた。

【関連記事】
南キャン・山里「若手芸人がM-1に本気になれたのは麒麟のお陰」

有吉弘行が語る「IPPONグランプリで活躍した反響」

オードリー・若林「芸人の売れなかった時代が語られないワケ」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : おぎやはぎ,山崎弘也,アンジャッシュ,児嶋一哉,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき
次の記事:バナナマン・設楽「女芸人の現役最強はハリセンボン・春菜」

前の記事:ナイナイ・岡村「イイ加減すぎる吉本興業の体質」