TOPナイナイのANN/岡村隆史のANN ≫ ナイナイ・岡村「今までで一番高いギャラの番組」

ナイナイ・岡村「今までで一番高いギャラの番組」

2011.05.06 (Fri)
2011年05月04日放送の「ナインティナインのオールナイトニッポン(ANN)」にて、ナインティナインの今までで一番高額なギャラを払われていた番組について語られていた。話の発端は、この週のゲストにTKOの2人が呼ばれ、そこでリスナーからの質問がなされていたときのことだった。

矢部「『最高額のギャラはいくらでしたか?』ってメールがきてます」

TKO・木本「そんなの中途半端ですよ、僕らにそれを訊いても。これは、4人で言い合う感じでいいですか?」

矢部「止めておこうか」

木下「はっはっは(笑)」

岡村「最高額?月で?」

TKO・木本「賞金とかも入ってきますよね。それも含めてってことですね」

矢部「なるほどね。それはスゴイやろ、TKOは」

TKO・木本「いえいえ、ホントいえいえですよ」

TKO・木下「ドリームマッチって番組あるじゃないですか。その後、打ち上げがあるんですよ。その時に、各事務所の芸人が集まるんで、各事務所のギャラを照らし合わせるんです。そういう恒例行事があって」

岡村「おぅ」

TKO・木下「色んな事務所の人たちで集まって、出し合うんですけど、やっぱり吉本が一番悪いですよ。同じラインですよ」

矢部「ああ、そうなんや」

岡村「ナベプロはスゴイやろ?」

TKO・木下「ホリプロもスゴイんです」

矢部「ナベプロとホリプロな。吉本が一番悪いやろ」

TKO・木下「その下が松竹ですね」

TKO・木本「でも、松竹と吉本は近いよな」

TKO・木下「近い。相当近い。フットボールアワーの岩尾と照らし合わせたんですけど、やっぱり近いけど吉本の方が低いです」

岡村「M-1チャンピオンたちの営業があったらしいねんけど、額が全然ちがうって。ブラマヨとか。他のところなんか、ゼロが1個違うって」

TKO・木本「はぁ、すごいなコレは」

矢部「他の事務所とね」

岡村「俺らは営業とかほとんど行ったことないから、そこら辺は分からへんけど」

TKO・木本「えぇ?営業ほとんど行ったことないんですか?」

矢部「ほとんど無いな」

TKO・木本「はぁ、そうなんですか」

岡村「それは、ちょっとはあるで。お米ギャラリーとか」

TKO・木本「お米ギャラリーね(笑)今はApple storeになってますけど」

矢部「若手の時ね、何回か」

TKO・木本「そんだけ早く売れたんですよね」

岡村「…でも、テレビのギャラで一番高いのはASAYANやったな」

TKO・木本「マジですか?あの…」

岡村「夢のオーディションバラエティ」

矢部「知ってます?」

岡村「ふふふ(笑)」

TKO・木下「あの当時、ですか?」

岡村「めちゃイケとか、ぐるナイよりも、未だにASAYANが一番高い」

矢部「あれはあれで、おかしすぎるって思ったけどね」

TKO・木本「MCをやり始めたぐらいですよね?」

岡村「そうやな」と語っていた。

【関連記事】
ナイナイ・岡村が語る「吉本興業の芸人の安すぎる給料」

ナイナイ矢部「ワッキーが給料明細でガッカリ」

伊集院光「TENGAイベントのメイン司会に抜擢される」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : ナインティナイン,岡村隆史,TKO,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN/岡村隆史のANN
次の記事:TKO・木下「中学生まで母親の乳首を触りながら寝ていた」

前の記事:南キャン・山里が語る「水川あさみの魅力」