TOP伊集院光とらじおと ≫ 伊集院光、沖縄県の中学生暴行動画が流出するも学校がイジメ認定しないことに憤り「とっとと警察の管轄にすれば良い」

伊集院光、沖縄県の中学生暴行動画が流出するも学校がイジメ認定しないことに憤り「とっとと警察の管轄にすれば良い」

2017.02.08 (Wed)
2017年2月6日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、沖縄県の中学生暴行動画が流出するも、学校がイジメ認定しないことについて、「とっとと警察の管轄にすれば良い」などと憤りを露わにしていた。



伊集院光:イヤなイジメの話が出るんですが。

中村尚登:はい。

伊集院光:もう、イジメとかではないですね。もう、暴行ですよね。

中村尚登:完全にそうですね。

伊集院光:はい、暴行ですよね、完全なね。もはや、イジメというところから離れて、きちんとこの暴行事件、傷害として処理していかないと。

中村尚登:はい。

伊集院光:なんですかね。いつも感じる、温度差なんですけど、学校はイジメを認定するのを猛烈に嫌がりますよね。だったら暴行だし、だったら傷害なんだから、とっとと警察の管轄にすれば良いと思うんですけど。

中村尚登:うん。

伊集院光:その辺のバランスが、いつ聞いても腑に落ちないですね。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと
次の記事:伊集院光、ビッグデータを活用したスーパーが父親より先に娘の妊娠を発見した事例に言及「意識してない予兆が…」

前の記事:伊集院光、JASRACが世間から反発を受ける「音楽教室からの著作権料徴収」前に「権利者との契約を変えるべき」と指摘