TOPバナナマンのバナナムーン ≫ バナナマン「アンガールズ・田中のヒド過ぎるエピソード」

バナナマン「アンガールズ・田中のヒド過ぎるエピソード」

2011.04.30 (Sat)
2011年04月22日放送の「バナナマンのバナナムーンGOLD」にて、アンガールズがゲスト出演していた。今回のテーマは「新生活ナメられないぞ!」であり、ナメられまくっているアンガールズに、どうすればナメられないかを教えてもらう、という企画だった。そこで、田中卓志の大学生時代のエピソードについて語られていた。

田中「昔からナメられ人生なんですよね」

設楽「学生って、高校くらい?」

田中「高校時代も一番ヒドかったんですよ。まぁ、クラスメートにナメられてるのは良かったんですけど、大学生の時に電車に普通に乗ってて、見ず知らずの女子高生の集団が入ってきて」

設楽「うん」

田中「俺、1人で座ってたんですよ。そうしたら、女子高生の集団が俺の方を見て、『あれ?気持ち悪い人いない?』って話を始めて」

設楽「聞こえるように?」

田中「それで、そこからその女子高生の集団が『じゃんけんで負けたら、あの人にタッチしてくるゲームやろう』って言い出して」

設楽「えぇ~それスゲェ(笑)ウソっ!」

山根「一般人時代でしょ?」

田中「メッチャ怖かったですよ」

設楽「アンガールズになってない頃でしょ?」

田中「なってないですよ。普通の大学生ですよ」

設楽「普通の田中?」

田中「そうですよ。最悪ですよ」

設楽「その結果、じゃんけん始めたの?」

田中「そうですよ。それでタッチし始めて」

設楽「タッチもしだしたの?」

田中「ええ、それでタッチして『うわぁ~』って逃げて」

設楽「それで、どうしてたの?田中は」

田中「ジッとしてて。『ううぅ~』って言ってて」

設楽「壮絶だな。ナメられ度がハンパないな(笑)」

田中「そうなんですよ」

山根「日本一だと思うよ。ナメられるのが」

設楽「こんなのないよな」と語っていた。

【関連記事】
バナナマン・設楽が語る「芸人の発言の難しさ」

バナナマン・設楽が語る「日村を好きだという女の特徴」

バナナマン・設楽「島田秀平のお笑い芸人としての評価」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : バナナマン,アンガールズ,田中卓志,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  バナナマンのバナナムーン
次の記事:バナナマン・日村「吉瀬美智子に下着の色を訊く」

前の記事:おぎやはぎが語る「斎藤佑樹の初スキャンダル」