TOPヤングタウン土曜日 ≫ 明石家さんま、加藤浩次が子供を芸能界入りさせないため「帰宅時にわざとしんどい顔を作る」ことに否定的な意見

明石家さんま、加藤浩次が子供を芸能界入りさせないため「帰宅時にわざとしんどい顔を作る」ことに否定的な意見

2017.02.05 (Sun)
2017年2月4日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、加藤浩次が子供を芸能界入りさせないため、「帰宅時にわざとしんどい顔を作る」ということの効果に否定的な意見を述べていた。

本人vol.11
本人vol.11

明石家さんま:雑誌の対談で、「もし子供が芸人になりたいと言ってきたら、どうする?」という質問に、極楽とんぼ・加藤浩次さんが言っていました。

加藤浩次「それは絶対に言わないと思う。だって俺、どんなに楽しい収録があっても、家に入る前にかならず、『いやぁ、しんどいわぁ』って顔を作って帰ってるから。やっぱり、二世多いでしょ?それは、お父さん・お母さんが芸能界って楽しそうなんだよ」

明石家さんま:ふふ(笑)それは関係ないと思うなぁ。

飯窪春菜:ああ、そうなんですか?

明石家さんま:うん。俺も大概、言うたよ。IMALUが入る時も、「芸能界はなぁ…」って。マイナスのこといっぱい言うたけど、スーッと入らはったで。

工藤遥:ふふ(笑)

明石家さんま:ふふ(笑)

飯窪春菜:効かなかったんですね、その言葉は(笑)

明石家さんま:そう、効かなかった(笑)やっぱり、選ぶ道、自分がやりたいことが芸能界だってことやろ。

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:芸能人の息子が、偶然にも芸能界だったってことやな。

飯窪春菜:うん。

明石家さんま:それは関係ないなぁ。散々言うたけど、手遅れだった(笑)

飯窪春菜:へぇ。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 明石家さんま,加藤浩次,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ヤングタウン土曜日
次の記事:加藤浩次、ノブコブ徳井が大泉洋に飲み会で肩を組まれて「距離が近ぇよ」と言い放っていたと暴露

前の記事:明石家さんま、オーストラリアの空港で取り調べを受けた映像を絶対に見られたくなくてテープを「川に捨てた」と告白

本日の注目記事