TOPたまむすび ≫ 博多大吉、新幹線の通路側に座った乗客が窓際のフックに上着をかけて疑問「窓側の乗客のものじゃないの?」

博多大吉、新幹線の通路側に座った乗客が窓際のフックに上着をかけて疑問「窓側の乗客のものじゃないの?」

2016.11.17 (Thu)
2016年11月16日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ 博多華丸・大吉の博多大吉が、新幹線で窓側に座っていたところ、通路側に座った乗客が窓側にあるフックに自分の上着をかけてきたことに疑問を持った、と語っていた。

博多華丸・大吉式ハカタ語会話
博多華丸・大吉式ハカタ語会話博多華丸・大吉

マイクロマガジン社 2008-03-30

Amazonで詳しく見る


博多大吉:アレ(新幹線の窓側のフック)は、誰のもんなんやろうね?

赤江珠緒:うん。

博多大吉:もちろん、みんなのもんやと思うけど、窓側のフックは、窓側のものじゃないの?

赤江珠緒:窓側に人がいたら、ちょっと使えないと思いますけどね。

博多大吉:でも、かけて帽子じゃない?隣の人がいる場合は。

赤江珠緒:そうね。

博多大吉:「そんなの(上着)かける?」って思って。

赤江珠緒:たしかにね。まぁ、まぁ。

博多大吉:舐められてるんじゃないかなって思って。グリーン車だから。僕、移動が多いから、この格好で行ってるんですよ。

赤江珠緒:ああ、ウルトラマンの?

博多大吉:ウルトラマンの。

赤江珠緒:ウルトラマンのパーカーで?

博多大吉:なんか、イヤそうな感じで言われるのカチンときますけど。

赤江珠緒:通常どおりですけど(笑)

博多大吉:こういう格好でいるから、やっぱりオジさんから言わすと、「なんだ、この若造は」と。

赤江珠緒:かもしれないですわ。

博多大吉:「ワシがこのグリーン車にたどり着くまでに、どれほどの努力を重ねてきたと思うんだ。散れ!」くらいのことを思いよるのかな(笑)

赤江珠緒:あったのかもしれないですね(笑)

博多大吉:だって、窓際がとれなかった時点で、ちょっとテンション下がるじゃないですか。

赤江珠緒:そうか、そうか。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 赤江珠緒,博多大吉,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:赤江珠緒、夫婦で互いにいくら稼いでるか知らないと告白「それぞれ、財布は別です」

前の記事:博多大吉、隣に座ったマナーの悪い新幹線の乗客にイライラ「なんや?このオッサン」