TOP伊集院光とらじおと ≫ 伊集院光、反対する農業関係者たちを抑えつけてまで進めたTPPが頓挫しそうなことに言及「安倍総理、大変だな」

伊集院光、反対する農業関係者たちを抑えつけてまで進めたTPPが頓挫しそうなことに言及「安倍総理、大変だな」

2016.11.16 (Wed)
2016年11月15日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、TPPに反対する農業関係者たちを抑えつけてまで進めてきたにも関わらず、アメリカ大統領選でドナルド・トランプ候補が勝利したことで、頓挫しそうなことに言及し、「安倍総理、大変だな」などと語っていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1


伊集院光:TPPですけど。

中村尚登:はい。

伊集院光:安倍総理、大変だなと思うのは、TPPの話が出た時に、やっぱり自分達が農業関係者の票とかを考えると、血を流すつもりでなんとか調整していくわけじゃないですか。

中村尚登:ええ。

伊集院光:それで、やっとある程度、覚悟を決めて「こうしましょう」ってなったら、アメリカの大統領が変わって、「やんねぇよ」みたいな話にされても、どうして良いか、みたいなところがあると思うんですよ。

中村尚登:「それはないでしょ」っていうことですよね(笑)

伊集院光:そう。本音を言えば、そういうところが僕はあるんじゃないかな、と思うんですね。

中村尚登:国内対策にだって、小泉進次郎さんを投入してまでね。

伊集院光:はい。

中村尚登:一生懸命、これをやって、対策を立てて。それで、まあなんとかこじつけてきて。今、全農なんかが反発してきたりしてるけれども、それを押さえ込み、押さえ込み、なんとか新しいマーケットを確立して、成長戦略の柱にするべく、今まで安倍さんにしてみればやってきたわけですよね。

伊集院光:うん。

中村尚登:それを、トランプさんの一言で「あらっ?」っていうふうな状況になっているのが。それで、そういう状況があるから、諦めきれないですから。

伊集院光:うん。

中村尚登:野党側にしてみれば、「無駄なことをやったってしょうがない。今、こんな委員会の時間って無駄でしょ?もう、これできないんだったら」というのが、野党側の主張なんだけども。安倍さんにしてみたら、元々、共和党というところは、自由貿易を守るという主義のところなんだから、トランプさんが若干、色々と現実路線にこうやってきたら、一縷の望みは、まだあるかもしれないから。「いや、やっぱりこれはこのままやらないといけないでしょ」と、そう言うしかないというのが、現状ですよね(笑)

伊集院光:そうなんですよね。TPPが決まることで、向かい風になる農業の人達をなんとか説得し、逆に言えば追い風の方からしてみたら、「おいおい、俺達、イケイケになったのにやめるのかよ」になってしまうし、大変なんだろうなっていう。

中村尚登:そういうことですね。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,ドナルド・トランプ,安倍晋三,TPP,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと
次の記事:伊集院光、安倍総理の米軍駐留費「現状の負担が適正」発言に疑問「もともと、多くね?」

前の記事:やくみつる、ナイツがハゲ・ヅラのネタをライブで多くしていたことにクレーム「いたたまれない気持ちに」

本日の注目記事