TOPオードリーのANN ≫ オードリー若林が語る「仕事に悩む新社会人」

オードリー若林が語る「仕事に悩む新社会人」

2011.03.06 (Sun)
2011年03月05日放送の「オードリーのANN」にて、2009年度のM-1以後、仕事が急増したオードリー・若林正恭が、新社会人としてのジレンマや思考の傾向について語っていた。

若林「全部の仕事に、もう文句を言わないし、文句を(つけるよなことを)思わないようにしようと思ってね」

春日「文句を(つけるよなことを)思わない?それは無理じゃない?」

若林「お前はどう思ってるの?」

春日「私は、全ての仕事を気持ちよくやらせてもらってますよ(笑)」

若林「だいたいさ、お前だからね。オードリーをポップにしたのは、お前だからね」

春日「はっはっは(笑)あっそうかね」

若林「これは先に言っておくけど。お前がさ、気持ちよく可愛い写真を撮り始めるから悪いんだよ」

春日「可愛い写真?」

若林「お前がノリノリで写真を撮るのが悪いんだから。その辺からオードリーがオカシクなってるんだから。オードリーがね。だいたい、オードリーなんかおかしいんだから」

春日「はっはっは(笑)まあ、そうだね」

若林「お前がそういうつもりじゃん。心の中の蟠りを口にしないじゃん。俺ももう、そうするから大変だよ。サセ子だよ、もう完全に。俺はもう何も言わないからさ」

春日「それはでも、溜まっていくわけじゃん。それはどこかで爆発したりするんじゃない?そっちの方が怖いですよ。何かで発散できる方法を考えておかないと」

若林「だから、発散できる方法を探してますよ。(宗岡)芳樹ディレクターが『ここで言って下さい、蟠りを』とかって言ってるけど、それも止めちゃうからね」

春日「ここを、ある程度の発散の場に使うのもね」

若林「ダメだよ。ここで言ったって佐藤満春(どきどきキャンプ)がtwitterで書いちゃうから。『こんなこと言ってた』って。メガネ割ってやろうかな」

春日「もう切ったら良いじゃん。ラジオから」

若林「そうすると、楽屋で喋る人いなくなっちゃうから」

春日「難しいね(笑)」

若林「ふふふ(笑)」

春日「でも、どっかで発散する場を作らないと」

若林「だいたい、お前はどのぐらい思ってるワケ?クダラねぇなって」

春日「どのくらい?数値でってこと?」

さらに、以下のように語っていた。

若林「この現場の感じ、くだらねぇなって思ったら、それを言わないじゃん」

春日「言わないね」

若林「くだらないって思うことはあるの?」

春日「ありますよ、人間だもの」

若林「10本仕事したら、どれくらい思うの?」

春日「そうですね…0.5本くらいじゃないですか」

若林「置きに言ったねぇ(笑)」

春日「ゼロじゃないってことですよ」

若林「0.5だったら…普通じゃん、それ(笑)」

春日「ふはははは(笑)」

若林「少ない方だろうね」

春日「ワタクシなんかは、体を動かして発散してますよ。ジムに行ったり、加圧トレーニングに行ったり」

若林「でも、どうしても納得いかないってことじゃないってことは、仕事が切実じゃないってことなんだろうな」

春日「どうだろうね…眠れない、次の日に引きずるってことがないからね」

若林「それでね、そんな話を、日テレの仲良くさせてもらってるスタッフさんと飲みに行った時にしてたの。『若林くんはテレビのお仕事を始めてどれくらいだっけ?』って訊かれて、『3年目です』って答えたの。M-1 2009年の後だから」

春日「うん、うん」

若林「それで『全部、言うことを聞くことにしたんです。何も思わないようにすることにしたんです』って言ったら、『それは普通の社会人3年目の人が思うことだよ』って言われて(笑)」

春日「うん(笑)」

若林「まず、社会人1年目って、『こういう仕事がしたい』って理想とか夢を持って会社に入ってくるんだって。それで、ことごとく歯車になることと、上司の言うことが絶対なことの波にまず飲まれて、『こんなことで良いのか?企業してやる』って思うんだって(笑)」

春日「ふふっ(笑)」

若林「『こんな会社辞めてやる』って言って、実際に辞めてしまう人もいるんだって。2年目あたりに、だいたい揺れていくんだって。『やりたいけど…そうもいかないしな』って思って。それで3年目に『どうにもなんねぇな』って思って、言うことをきくんだって…そういうことだよ」

春日「そうか、その3年目だ」

若林「だから、このキューシート通りにオードリーのANNを進めていきますよ」

春日「ふはは(笑)そうなると、この番組に不満が出て来たりしないんですか?」

若林「この番組は、俺のオアシス」

春日「どうなの?どうしたいのよ」

若林「この番組は、俺の肩の荷が下りて、ハメを外しているよ…もう、どうにもなんないよ。俺の言っていることは、ガキの戯言なんだよ。どこまでいったって。『トラのかぶり物をかぶりたくない』って言ったって、しょうがない。だから、かぶって写真を撮りますよ」

春日「なるへそ」

若林「それを成長した、みたいなことを言ってきたヤツがいたら、俺はそいつをグーでなぐりますよ(笑)」

春日「難しいー」

若林「でも、そうなったらどうなるんだろうか。お金とか大好きになるんだろうか。そういうところを、よりどころにしていくしかないよね。何も感じなくなっていったりすると、漫才作れなくなっちゃうよね」

春日「そうかもね」と語っていた。

オードリーのオールナイトニッポン
オードリーのオールナイトニッポン [DVD]
CCRE 2010-01-08
売り上げランキング : 5452


Amazonで詳しく見る


【関連記事】
オードリー・若林が語る「お笑い芸人という職業」

オードリー・若林「漫才で春日の登場をゆっくりにしたワケ」

オードリー・若林「他人をどうしても怒らせてしまう人」

オードリー・若林が語る「お笑いブームの終わり」

アンタ・山崎が語る「オードリー春日という芸人」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : オードリー,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN
次の記事:オードリー・若林が語る「お笑い芸人という職業」

前の記事:おぎやはぎが語る「沢尻エリカの離婚発表会見」

本日の注目記事