TOP伊集院光とらじおと ≫ 伊集院光、「ハロウィンの経済効果がバレンタインを超えた」ことに疑問「バレンタインの経済効果は下がってる」

伊集院光、「ハロウィンの経済効果がバレンタインを超えた」ことに疑問「バレンタインの経済効果は下がってる」

2016.11.02 (Wed)
2016年11月1日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、「ハロウィンの経済効果がバレンタインを超えた」などと言われていることについて、「バレンタインの経済効果は下がってる」ため、ハロウィンの経済効果の実態はどうなのか、と疑問を呈していた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1


伊集院光:「伊集院さん、どうですか?ハロウィン」って訊かれて、それは反対に決まっていますよ、それは(笑)

上田まりえ:はっはっはっ(笑)

伊集院光:俺が、ハロウィン好きなわけがない(笑)

上田まりえ:でしょうね(笑)

伊集院光:僕はね、前々から言っているんですよ。アメリカ人が、インタビューを受けて。「日本のハロウィンはクールだぜ、こんなのアメリカじゃ考えらんねぇよ」って言うじゃない。

上田まりえ:はい。

伊集院光:なんで、本家を超えてんだよっていう。

上田まりえ:本当ですね(笑)

伊集院光:本家を超えてまで…「なんかさ、アメリカでは普通らしいよ」みたいなことを、日本が受け入れるまでは、「もう、しょうがないよ」って思うけど。「関係ねぇよ、もはやアメリカを超えちゃえば」っていう。

上田まりえ:そうですね。

伊集院光:子供たちが楽しみにしてる、昼間、お菓子もらったり仮装したりするまでは良いよ。それは、ちびっ子の風習で、元々の向こうのハロウィンもそうなんだろうからさ。

上田まりえ:はい。

伊集院光:「ハロウィンで混雑して、大騒ぎになってトラブルが多いから、交通規制をします」って、「順番違わないか?」っていう。

上田まりえ:そうですね。

内山研二:しかも、数百人規模の警官や、機動隊が出てくるんですよ。

伊集院光:凄いですよね。

内山研二:凄いですね。

上田まりえ:「大人が騒ぐための大義名分」になっちゃってる感じは、否めないですよね(笑)

伊集院光:凄いのがさ、ゾンビの怪我だらけのメイクの奴とさ、ポリスの格好をしている奴がいるんだよ。アメリカンポリスだけど。

内山研二:ああ。

伊集院光:なんか、「本当の揉め事で怪我している奴と、おまわりさんと、嘘の怪我の奴と、ポリスの仮装の奴って、もう意味がわからないよ」っていう状況。ややこしい状況と。

上田まりえ:うん。

伊集院光:最終的にね、この景気の悪い世の中で、凄い経済効果として、凄く大きいものがあるから、「みんな、黙認しようか」っていう流れで。僕も、ちょっとそれに、「まぁまぁ、景気が悪い中、そういうふうになるなら」と思ったんだけど。

上田まりえ:はい。

伊集院光:色々見てみると、「バレンタインの規模を抜きました」と。でもね、バレンタインは下がっているんですよ。ってことは、みんなの給料が上っているわけじゃないんだから。大幅に上っているわけじゃないんだから。

内山研二:うん。

伊集院光:結局、「ここにかける、あそこにかける」という額って、トータルで決まっているわけで。別に、ハロウィンがきたからっつって、凹んでいる(出費を控える)ところもできるわけでしょ?

内山研二:はい(笑)

伊集院光:もう、何だろうね。参加する側じゃないから、余計そうではなんだろうけどね(笑)もうなんか、女子がけしからん格好をしたりしているらしい。けしからんねぇ、もう。

上田まりえ:オジサン(笑)

伊集院光:オジサン丸出しで(笑)49になりますからね、オジサン丸出しに、何の抵抗もない。

内山研二:いやいや(笑)


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,ハロウィーン,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと
次の記事:爆笑問題・太田、ヒラリー・クリントンの独走とはならないことを予期していたと発言「ヒラリーのサプライズがまだ来てない」

前の記事:伊集院光、東電・広瀬社長の「国民に負担はかけない」発言に疑問「電気代が上っていくだけじゃないんですか?」