TOP伊集院光とらじおと ≫ 伊集院光、日ハムが日本シリーズ進出を決めた試合で大谷翔平が登板した際の盛り上がりに驚く「地鳴りのような歓声」

伊集院光、日ハムが日本シリーズ進出を決めた試合で大谷翔平が登板した際の盛り上がりに驚く「地鳴りのような歓声」

2016.10.18 (Tue)
2016年10月17日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、日本ハムファイターズが日本シリーズ進出を決めた試合で、大谷翔平選手が登板すると判明した時の「地鳴りのような歓声」という、観客の盛り上がり方に驚いていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1


伊集院光:プロ野球パ・リーグ、クライマックスシリーズなんですけど。実は、昨日僕、札幌ドームに観に行ってまして。

安田美香:へぇ。

伊集院光:それで、朝の「遅刻したらごめんね」という(笑)スペシャルウィークの1日目だけれども、「最悪、都民ニュースの終わりくらいには帰ってきたい」くらいの(笑)

安田美香:いやいや、伊集院さん(笑)

伊集院光:それは冗談としても、目の前で観まして。

安田美香:うわぁ、羨ましい。

伊集院光:なんとかかんとか、スケジュールをすり合わせた結果、「昨日だったら、行けそうだ」というスケジュールを組めまして。そうするとね、これね、自分のひいきの球団、日本ハムですから。

安田美香:はい。

伊集院光:土曜日に、クライマックス進出を決めてくれても構わないんだけど、決めちゃうと俺は行けない、みたいなことになったりとかして。

安田美香:複雑ですね(笑)

伊集院光:複雑な思いの中、行ったんですけど。ビックリしたのは、最初4点とられて、「これはやばい、ソフトバンク行くな」とか。もっと言うと、飛行機代とかを考えたら、「ああ~あ…結構な額、かかってきたのに」ってなったんですけど。

安田美香:ふふ(笑)はい。

伊集院光:大逆転して、さらに最後3番バッターだった、バッターで出場していた、大谷選手がピッチャー宮西に変わりまして。3番の指名打者の大谷が、ピッチャーに入りますって言った時の、球場の沸き方。

安田美香:ふふ(笑)

伊集院光:いまだかつて聞いたことのない、地鳴りのような「ウオーッ!」ってなって。165km/h が出た時の、異様な声で、もうなんか変な雰囲気でしたね。

安田美香:はい。

伊集院光:もう、試合どうのの話ではなくなってて。ちょっとその先に、今度、151km/h のフォークボールと変化球が来るんです。

中村尚登:ふふ(笑)

伊集院光:151km/h というのは、普通に真っ直ぐの球を投げたって、速い人の投げる球なんです。速球派が投げる球なのに、フォークボールと大騒ぎで。でも、凄いのは、野球をお好きな方は分かるかもしれないんですけど、万が一、3点勝ってたけど、逆転でもされた日には、大谷投手はファーボールが多い日とかありますので、立ち上がりに。

安田美香:ああ。

伊集院光:万が一、逆転されたら今日、その最終戦やるわけじゃないですか。どうするつもりなんだろうみたいな騒ぎで。

安田美香:うん。

伊集院光:でも、良かったのは、明日のゲストが、元広島東洋カープ監督の山本浩二さんで。もし広島がクライマックスで負けたら盛り上がらない、なんてこと言っていたんですけど。もし、日ハムが負けてたら、僕のほうが無口になる予定だったんで。

安田美香:ははは(笑)なるほど(笑)

伊集院光:番組的にはありがたいですけど。ホークスファンも、スゲェ試合でしたね。いやぁ、ちょっとホッとしております(笑)


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,大谷翔平,日本ハムファイターズ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと
次の記事:赤江珠緒、「豊洲市場」問題の責任追求がうやむやで終わりそうなことに苦言「徹底的に追求する前例を作っておかないと」

前の記事:伊集院光、北朝鮮が発射した新型ミサイル「ムスダン」が発射失敗しても感じる恐怖を語る「どっちに転んでも心配」