TOP山里亮太の不毛な議論 ≫ 南キャン・山里が語る「品川庄司・品川を嫌いな理由」

南キャン・山里が語る「品川庄司・品川を嫌いな理由」

2011.02.03 (Thu)
2011年02月02日放送の「山里亮太の不毛な議論」にて、品川庄司・品川祐を嫌いなワケについて語られていた。

「先に言うよ、この人は鬼だね。ハッキリ言う。中井さん(テレビディレクター)[南キャン・山里が語る「恐ろしすぎるディレクター」参照]の方は、愛情があるんだよ。番組終わった後も、俺のことを観ていてくれて、認めてくれた。愛情があるって分かったんだけどね」

「だけど、品川は俺が『何したっていうの?』ってくらいなのよ。たぶん、前世でその人の家族をメチャクチャにしたんじゃないかってくらいよ」

「もう、意味が分かんないの。M-1 2004が終わった後ですよ。初めて大先輩の番組、リンカーンに出させていただいたときですよ。ひな壇に芸人さんいっぱいいて、もう忘れもしない、フリもボケも、その流れの一連をね」

「もう、今よりもキャラ作りで必死になってた頃ですよ。変なおかっぱ頭のヤツが出て来て、その時に松本さんがイジってくれるワケですよ。『何なん?その頭。何の副作用やねん』ってめっちゃ良い感じで振って下さって。でも、今でも悔しいんだけど、返しが上手くできなくて。今だったら…『何の病気だったら、この副作用受け入れるんですか?』って言ったら俺っぽくない?」

さらに、以下のように語っていた。

「その当時は、『ちょっと、どこイジってんすか…』とかって言って、変な空気になっちゃったの。フワってしたとき、品川祐が来て、俺に言うのよ。しかも、(相手は)先輩よ?」

「『スゴイですね~やっぱり、売れてるポッと出の人って、ああやって先輩が面白いこと振ってくれても、スベっても平気なんですね。いやぁ~尊敬します、握手してください』って。カメラ回ってない時にね。地獄じゃない?コレ。テレビ出たばっかりよ」

「それをず~っと楽屋に帰るときも言われて。『さっきの旬の人ですよね。大丈夫ですか?面白いこと言ってませんでしたけど』とか言ってくるのよ。トイレで会ったら、今度なんて言うと思う?『あぁ、どうも。良いですね、笑われる人って楽ですよね。僕らは、笑わせる方だから大変なんですよ』って言うの」

「『良いですよね、いるだけで面白くないことを言っても笑われてるから』って言ってきて。鬼でしょ。それ、何の意味があるのよ、俺に言ってきて。それで、俺が何したっていうのよ。悪口言ったっていうのなら、まだ分かるけど。だけど、全然何にもしてないのに追い込まれるのよ」と語っていた。

イヤな人がいる!―苦手な人とうまくつきあう方法
イヤな人がいる!―苦手な人とうまくつきあう方法 (アルファポリス文庫)本多 時生

アルファポリス 2009-01-21
売り上げランキング : 22011


Amazonで詳しく見る


【関連記事】
有吉弘行が語る「品川vs山里の対立問題」

伊集院光 「品川庄司・品川のウザさにイラつく」

伊集院光「品川庄司・品川に再びムカつく」

伊集院光 「品川祐にイラっとする」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 山里亮太,品川祐,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論
次の記事:おぎやはぎ・小木「アイドルの枕営業に遭遇?」

前の記事:山里亮太、恐ろしすぎてトラウマになった『ガチンコ!』のディレクター「面白くねぇんだから、足引っ張んな!」