TOPヤングタウン土曜日 ≫ 明石家さんま、『ジョジョの奇妙な冒険』の実写化に言及「もう今や、どんどん実写化するから」

明石家さんま、『ジョジョの奇妙な冒険』の実写化に言及「もう今や、どんどん実写化するから」

2016.10.02 (Sun)
2016年10月1日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、マンガ『ジョジョの奇妙な冒険』の第4部「ダイヤモンドは砕けない」実写化について、「もう今や、どんどん実写化するから」と語っていた。

ジョジョの奇妙な冒険(第4部) ダイヤモンドは砕けない


明石家さんま:『ジョジョの奇妙な冒険』が実写化、嬉しいんじゃないの?飯窪。

飯窪春菜:ふふ(笑)

明石家さんま:嬉しくないの?お前。ジョジョの実写化。

飯窪春菜:ジョジョを知る人が増えるきっかけにはなると思います。

明石家さんま:ああ、そうか。

飯窪春菜:そういう意味では、嬉しいです。

明石家さんま:お前はね、ずっと「ジョジョ、ジョジョ」って言うて。俺も仕方なく3巻だけ読んでしまいましたけども。

飯窪春菜:わぁ、ホントですか?ありがとうございます(笑)

明石家さんま:俺、読んだ言うたやないかい。

飯窪春菜:嬉しい(笑)

明石家さんま:だから、それがまた実写化か。もう今や、どんどん、どんどん実写化するから。

村上ショージ:どうなんですか?さんまさんが観て面白いんですか?『ジョジョ』っていうのは。

飯窪春菜:どうでした?

明石家さんま:物語が複雑で良いかも分からないんですけど。俺は漫画の愛称があるんですね。好きな絵と、好きじゃない絵が。

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:作品としてもいい、絵も上手いっていうのは分かるんですけど、漫画の俺の好きなタッチではないんですよ。

飯窪春菜:ちょっとクセがありますからね。

明石家さんま:ええ。それで女性も。ただ、僕ははじめ『ワンピース』も漫画のタッチは好きじゃなかったんですよ。

飯窪春菜:ええ?そうなんですか。

明石家さんま:はじめはね。でも、読んでいく内に、『ワンピース』も好きになって。だから、女性を描くのも上手くなっていきはった、多分。あの人。

飯窪春菜:ああ。

明石家さんま:俺、結構、女性がキーポイントやねん。

飯窪春菜:たしかに、たしかに。

明石家さんま:『ジョジョ』は、女性が色っぽ過ぎる。

飯窪春菜:『ジョジョ』はたしかにそうですね。

明石家さんま:リアル過ぎんのかな。

飯窪春菜:陰とかもたしかにしっかり描いてあるので。

明石家さんま:なぁ。女性がリアル過ぎるか分からへんわ。

飯窪春菜:うん。

明石家さんま:リアルな女性は、本当に女性の方が観れるからな。それがとうとう、実写化。当たったら、すぐ実写化やな。

飯窪春菜:そうですね。『東京喰種トーキョーグール』も今度、やりますし。

明石家さんま:工藤は、実写化して欲しいってあんの?

工藤遥:して欲しいって、あんまりないです。

明石家さんま:マンガはマンガの方がエエのか?

工藤遥:マンガはマンガで終わって欲しいです、私は。

明石家さんま:ほんまやねんな。役者で色々あるからなぁ。

飯窪春菜:世間で、そのイメージが固定化されてしまうのがイヤなんですよね。自分の頭の中で出来上がってるマンガの世界観が、実写化されることで、世間では「これがこれなんだ」って出される感じが。

明石家さんま:本を読んでない人が、そう思うのがイヤなのか。

飯窪春菜:「これが正解だよ」って感じに思ってしまうのがちょっと悲しい感じがあります。


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 明石家さんま,ジョジョの奇妙な冒険,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ヤングタウン土曜日
次の記事:明石家さんま、里田まいから贈られたサイン入り写真集を楽屋に置き忘れスタッフに「勝手にネットで販売された」と告白

前の記事:明石家さんま、お笑い芸人・テントの訃報を悼む「仲間がこうして亡くなっていくっていうのは、寂しい限り」