TOPおぎやはぎのメガネびいき ≫ おぎやはぎ矢作、ゲス乙女・川谷絵音へのバッシングはやっかみであると指摘「悔しいんだよ、こんなブサイクがさ」

おぎやはぎ矢作、ゲス乙女・川谷絵音へのバッシングはやっかみであると指摘「悔しいんだよ、こんなブサイクがさ」

2016.09.30 (Fri)
2016年9月29日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・おぎやはぎの矢作兼が、ゲスの極み乙女のヴォーカル・川谷絵音について、タレント・ベッキーとの不倫はまだしも、タレント・ほのかりんとの交際に対するバッシングは、「これ、悔しいんだよ。こんなブサイクがさぁ」と、やっかみではないか、と指摘していた。

ライブミランカ おぎやはぎトークライブ
ライブミランカ おぎやはぎトークライブ 「おぎとやはぎでおぎやはぎです。別に、やはぎおぎでもいいんですけど」 [DVD]
ジェネオン エンタテインメント 2007-11-21


Amazonで詳しく見る

矢作兼:(ゲスの極み乙女の楽曲を)俺はそもそも、スゲェカッコイイと思ってるからね。

小木博明:言ってたよね、最初。「曲は良いんだよなぁ」って。

矢作兼:でも、コイツ顔がさぁ…絵音君。顔があんな感じだったから、逆に叩かれてるじゃん。これもしさぁ、顔が松田翔太だったら、誰も叩かないんじゃないの?雰囲気もあるし。

小木博明:雰囲気あるとねぇ。それはね。

矢作兼:「しょうがねぇか」みたいな。超カッコイイ、漫画じゃないけどいるじゃん。バンドのヴォーカルで、スゲェカッコイイ人が、バンバン女抱いてく、みたいな。「アイツだったらしょうがねぇか」みたいなノリになってんじゃないの?顔が悪いから叩かれてんじゃないの?

小木博明:そんな顔悪くないでしょ?(笑)

矢作兼:「お前みてぇなもんが、ベッキーをもてあそびやがって」とかさぁ。

小木博明:顔、悪いの?(笑)

放送作家・鈴木工務店:不倫だったからね。

小木博明:不倫だからいけないんだよね、これは(笑)

矢作兼:今回は関係ないじゃん、じゃあ。

放送作家・鈴木工務店:今回は、関係ない。

矢作兼:今回は別にいいじゃん。

小木博明:今回、ファンに手を出したんでしょ?また。

矢作兼:ファンだとしてもだよ。手を出したところで…これ、悔しいんだよ。こんなブサイクがさぁ。

小木博明:ブサイクって(笑)才能だからね。女性は、才能で見るから、男を。

矢作兼:だからむしろ、考えなおして欲しいよ。ほのかりん、可愛いじゃん。ベッキーに行って、ほのかりんでしょ?

小木博明:そうね。

矢作兼:この顔で行ったって、才能の塊だぞ、これ。そうじゃなかったら、落とせないよ、多分。ほのかりんはよく知らないけど(笑)


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : おぎやはぎ,矢作兼,ゲスの極み乙女,川谷絵音,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき
次の記事:おぎやはぎ矢作、ほのかりんの未成年飲酒疑惑で擁護する発言「バーにはいたけど、飲んでないってことも」

前の記事:おぎやはぎ矢作、ゲス乙女の新曲『シアワセ林檎』を絶賛するも川谷絵音のルックスに厳しい評価「顔がさぁ、ダメじゃん」

本日の注目記事